Disney+、東アジア地域での展開を強化 日本に続き韓国進出

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Disney+、東アジア地域での展開を強化 日本に続き韓国進出

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米ウォルト・ディズニーは米国時間12月10日に開催された投資家向けイベント「インベスターデー」で、同社のオンデマンド・ストリーミング・サービス「Disney+(ディズニープラス)」の市場拡張戦略を発表した。Disney+は2021年にサービス対象地域を拡大し、韓国、東欧、香港などへの進出を計画している。

Disney+は2019年11月、米国とカナダで同社初のストリーミングサービスとしてローンチされ、2020年にはオーストラリア、ニュージーランド、フランス、英国、ドイツを含む30以上の国々へと市場を拡大してきた。アジアでは、インド、日本、インドネシアに進出済みだ。このうち、インドで展開する「Disney+ Hotstar」のユーザー数は2400万人に達し、全世界のDisney+サブスクリプションユーザー総数の3割を占めている。

Netflixも先頃、2021年はアジアにおけるオリジナルコンテンツ投入数を従来の2倍にすることを明らかにしており、巨大な人口とストリーミングメディアに対するニーズを擁するアジア市場は、ストリーミングメディア大手による争いの焦点となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録