「IDC FinTech」ランキング入りの金融ITサービス企業が数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

「IDC FinTech」ランキング入りの金融ITサービス企業が数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

金融ITサービスの「杭州衡泰軟件有限公司(Hangzhou Xquant」(以下、衡泰軟件)は、高成資本(Gaocheng Capital)が主導する数億元(数十億円)のプレIPOで資金調達を完了した。

衡泰軟件は2000年に設立され、FICC(Fixed Income, Currencies and Commodities)取引処理システム、投資運用分析におけるリスク・パフォーマンス管理システム、信用リスク分析システムなどの製品を提供している。製品は金融取引全般の処理、資産管理、リスク管理、価格設定、投資分析、データ管理、データサービスなどの分野に渡る。 今年10月に同社アプリは「2020 IDC FinTech Ranking Top100」にも初ランクインした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録