OPPO傘下「OnePlus」、グーグル「Wear OS」搭載スマートウォッチを開発中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

OPPO傘下「OnePlus」、グーグル「Wear OS」搭載スマートウォッチを開発中

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン大手OPPO傘下の「OnePlus(一加)」が、スマートウォッチの研究開発を進めている。

同ブランドの創業者である劉作虎CEOによると、現在OnePlusはグーグルと緊密に連携し、グーグルがスマートウォッチ製品向けに設計した「Wear OS」システムをOnePlusの製品に搭載すべく研究開発を進めているという。

OnePlusは、スマートウォッチ、テレビ、スマートフォンといったデバイス同士をシームレスに接続できるエコシステムの形成を目指している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録