中国オンライン教育加速、「作業幇」が新たに1600億円超を調達 アリババやソフトバンクも出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国オンライン教育加速、「作業幇」が新たに1600億円超を調達 アリババやソフトバンクも出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国K12(幼稚園年長から高校まで)向けのオンライン教育サービス「作業幇(Zuoyebang)」を運営する「小船出海教育科技(Xiaochuanchuhai Education Technology)」(以下「作業幇」)が先週、16億ドル(約1650億円)の資金調達を完了した。出資者は、新規および既存の株主であるアリババ・グループ、「タイガー・グローバル」、「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」、「方源資本(FountainVest Partners)」など。

これは、今年6月に7億5000万ドル(約780億円)を調達したのに続き、同社にとって今年2回目の資金調達である。

今年10月には、ライバル企業の「猿補導(Yuanfudao)」も、アリババグループの創業者ジャック・マー(馬雲)氏が創設した「雲鋒基金(Yunfeng Capitall)」から3億ドル(約310億円)の出資を受けている。

今回の作業幇に加え、中国のK-12向けオンライン教育業界の2020年の資金調達総額は500億元以上(約7900億円)に達し、過去10年間の合計を上回る額となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

UNLEASH TOKYO

36Krは東京都の魅力を海外に発信する注目イベント「UNLEASH TOKYO」に協力しています。 3月9日(火)-11日(木)の3日間、様々なゲストを交えて14時から開催します。 36Kr CEOも登壇するのでぜひご覧ください!

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録