アリババ元幹部が目指す「アップグレード版IKEA」、スマートホーム分野で新会社立ち上げ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ元幹部が目指す「アップグレード版IKEA」、スマートホーム分野で新会社立ち上げ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

かつてアリババで都市生活事業部の総裁職を務め、大手ECモール「天猫超市(Tmall Mart)」事業の発起人でもあった馬学軍氏が、このほどスマート家具関連の新会社を立ち上げた。

さらに、設立から間もなくエンジェルラウンドで「華興新経済基金(Huaxing Growth Capital)」とバイトダンスから資金を調達。以前、馬氏はアリババ創業者のジャック・マー(馬雲)氏が設立し、産業インターネット分野への投資に注力する「雲鋒基金(YF Capital)」で董事総経理職についていた経歴もある。

新会社の事業計画によると、将来的には家具がある空間全体およびライフスタイルに関連する製品やオンラインでのインテリアデザインと顧客マーケティングシステムなどを展開し、「中国式アップグレード版IKEA」を目指す考えだという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録