中国の自動運転バスがフランス初進出 パリでの試験走行許可を取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国の自動運転バスがフランス初進出 パリでの試験走行許可を取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新華社通信の報道によると、中国の鉄道車両大手「中国中車(CRRC)」傘下の電気自動車(EV)メーカー「中車時代電動汽車(CRRC Electric Vehicle)」が製造した全長12メートルの自動運転バスが、フランス・パリ市内での公道走行テストに合格したという。フランスで全長12メートルの自動運転バスが公道での走行を認可されたのは初。また、中国製の自動運転バスが同国に進出するのもこれが初めてだ。

フランスで試験走行を行うこのバスは、運転や動力、相互接続がスマート化されており、人、車両、道路の動的情報をリアルタイムで全方位的にやりとりすることで交通安全を確保し、運行効率を向上させることができるという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録