AI+IoTプラットフォーム提供の涂鸦智能(Tuya Smart) 、シリーズCで約2億ドルの資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

AI+IoTプラットフォーム提供の涂鸦智能(Tuya Smart) 、シリーズCで約2億ドルの資金調達

36氪独家 | 「涂鸦智能」获近 2 亿美元 C 轮融资,深度落地“3SMART” 场景

36氪独家 | 「涂鸦智能」获近 2 亿美元 C 轮融资,深度落地“3SMART” 场景
随着人工智能技术的加速发展、通讯技术的普及以及云供应商相继推出专用网络,物联网发展所需的基础设施正逐渐完善,全球互联的物理世界正离我们越来越近。36氪获悉,「涂鸦智能(Tuya Smart)」于近期完成近 2 亿美元 C 轮融资,由澳大利亚主权财富基金未来基金(Future Fund)、NEA、中金硅谷基金、宽带资本、Quadrille Capital 以及香港查氏家族基金(C.M.Capital)等机构投资。

本轮所募资金将主要用于两个领域:AI+IoT技术的持续迭代,以及落地 Smart Home(智能家居),Smart Business(智能商业生态),Smart City(智慧城市)等终端用户场景,持续扶持超过10万家企业实现全球智能化。

本轮投资方宽带资本告诉36氪,“我们之所以看好涂鸦智能,一来是照明、电工及大小家电等民用智能硬件产业中,智能化比例尚不足5%,市场潜力非常可观;二来是看重涂鸦智能成熟的商业模式和快速落地的能力,这是人工智能企业中比较少有的特性。”

澳大利亚主权财富基金表示,“依托智能化平台,涂鸦智能可以通过标准化体系,帮助大量企业快速实现产品智能化,还能满足不同企业的特定需求。此外,多个行业在智能领域的垂直布局后,交叉效应将产生更多想象空间。”

技术驱动,为B端赋能

涂鸦智能成立于2014年6月,是一家全球化智能平台。为了满足消费者、制造品牌、OEM厂商和零售商的智能化需求,涂鸦智能为客户提供了一站式人工智能物联网的解决方案,涵盖了智能模块的接入、物联网云服务以及APP软件开发。

截至2017年B轮公布时的数据,涂鸦智能平台已覆盖包含中国、美国、欧洲、中东、东盟等在内的近200个国家和地区;智能产品销往100多个国家和地区,服务全球超过10000家客户,为近11000款智能产品提供智能化解决方案;日处理设备请求量超过200亿次,日语音AI交互600万次,累计数据量达到1PB。

涂鸦智能创始人兼 CEO 王学集告诉36氪,涂鸦智能自始至终在做的只有一件事,即为B端赋能。这里的B端可以是传统硬件厂商,可以是要推出智能硬件的互联网公司,也可以是想落地智慧城市的各国政府;而赋能则是通过技术手段不断满足以上客户的各类需求。

涂鸦智能由王学集和陈燎罕于2014年创立,团队一直致力于将AI技术与IoT设备相互融合,帮助企业客户快速实现智能化。如今,涂鸦智能不仅是智能平台,也拥有一套 IoT领域的操作系统(IoT OS),其自主研发的Plug and Play(即插即用)具备帮助客户实现智能产品品类的快速扩充与全球化部署的能力。

36氪独家 | 「涂鸦智能」获近 2 亿美元 C 轮融资,深度落地“3SMART” 场景

他强调到,涂鸦智能是一家技术驱动的智能化平台,以下图为例,过去3年涂鸦智能一直在完善自身基础业务,打好根基。相比传统厂商至少需要半年的开发周期,涂鸦智能去年时将这个时间缩短到了 8 小时,而今年涂鸦智能最快只需要 1 小时就能完成一款免开发的电工照明类解决方案;在云端,涂鸦智能云在不断迭代 AI 算法,尤其是语音交互上,平台积累了海量数据。

如果将“研发设计”比喻成一件产品从0走到1,那么从1走到n,则包含了产品的“生产”与“销售”。

这就是涂鸦智能在基本功打好之后在做的延展业务 —— 智商全球通

简单的说,智能产品从工厂诞生的那一刻起,便以最高的效率,经由涂鸦智能输送到全球各地渠道商的每一个门店的货架上,解决从工厂到全球货架最后一公里问题。

具体来说,涂鸦智能做了4件事:产品本地化、渠道本地化、供货本地化以及售后本地化。

以涂鸦智能合作的某海外运营商为例,涂鸦智能负责为其搭建整套智能产品库。

在产品完成生产制造,销往海外时,厂商自己是不具备对当地文化以及市场规则的详细认知的,尤其是面对如美国、欧洲、日本这类在产品各方面要求极严的市场。涂鸦智能的做法是建立自己的海外语言团队以及市场团队。

一方面,通过当地语言输出各地适用的销售素材,包括产品的标准说明书、包装、规格、电商页面,甚至具体到产品演示和广告脚本;另一方面,严格遵循当地的测试标准、认证服务,以及当地的用户习惯和用户体验,最终目标是让拿到产品的海外消费者,感受不到这是舶来品。

同理,涂鸦智能在渠道、供货以及售后这三方面都在当地建立了相应团队,最终为国内厂商以及该运营商极大程度的提升效率降低成本。

拓展合作伙伴,共享平台

在全球范围内为顶级客户实现产品智能化的同时,邀请客户加入“涂鸦生态伙伴平台”,共享生态资源。

同样以上文的海外运营商为例,在为合作伙伴提供了“研产销”一站式服务后,涂鸦智能的下一步是邀请 TMT  类型的合作伙伴入驻“涂鸦生态伙伴平台”,如果未来涂鸦智能的客户要在当地接入电信服务,该运营商会是一个极佳的合作伙伴。

在搭建完共享平台后,为了持续吸引合作伙伴入驻,满足其在人才、资源、资本等方面的需求,涂鸦智能推出了“智商学院”与“智商投盟”。

前者对接了清华大学、新加坡国立大学、香港大学、汉堡大学等学府以及硅谷银行、香港交易所、香港贸易发展局、德国汉堡市经济促进局等机构。为合作伙伴提供高级人才的输送以及主流金融机构和政府资源的对接;后者则是为合作伙伴提供资本层面的助力。

未来规划:以技术创新,深度落地3SMART场景

3SMART指的是:智能家居(Smart Home),智能商业生态(Smart Business)以及智慧城市(Smart City) 。

王学集表示,3SMART 是涂鸦智能在B轮融资完成后开始布局的业务板块,也是本次 C 轮融资的重点发力方向,这项业务是涂鸦智能对各个应用场景的进一步深耕与挖掘。

支撑涂鸦智能能够做好这三件事的基础,来自过去3年平台内积累的海量C端与B端的数据。

智能家居是基于大量的家用设备数据,智能商业是基于在打造服务体系时收集到的B端数据,而智慧城市则不仅仅包括一般城市摄像头、传感器,也包括传统工业的智能化改造。未来涂鸦智能希望能够为城市管理者落地城市与住宅安全、健康、出行、以及能源管理等多个智慧城市场景。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

人工知能技術の加速発展、通信技術の普及、クラウドプロバイダーによるプライベートネットワークの立ち上げに伴い、モノのインターネット(IoT)の開発に必要なインフラストラクチャが徐々に改善され、世界中で相互接続された物理的世界の実現がますます近づいている。

36 Krは最近、「涂鸦智能(Tuya Smart)」がオーストラリア未来基金(Future Fund)、NEA、CICCシリコンバレーファンド、チャイナブロードバンド・キャピタル (CBC)、クアドリラ・キャピタル(Quadria Capital)、および香港CMキャピタル(C.M.Capital)からシリーズCにおいて2億ドル近くの資金調達を完了したとの報告を受けた。

このラウンドで調達された資金は、主にAI + IoT技術の2つの領域で使用される。そして、スマートホーム( Smart Home)、スマートビジネス(Smart Business)、スマートシティ(Smart City)などのエンドユーザ向けのシナリオにおいて、 グローバルインテリジェンスを達成するために10万社以上の企業をサポートする。

今回の投資者ブロードバンド・キャピタルは36Krに、「Tuya Smartについて楽観的になれる理由は、照明、電気、家庭電気などのインテリジェントハードウェア業界では実際にインテリジェントが活用されている割合が5%未満であるため、市場潜在力は非常に魅力的であるからだ。 また、インテリジェントにおいてTuya Smartは成熟した独自のビジネスモデルを持っていること、プランを実際に実現化させる能力に秀でていること、これは人工知能企業において他では見られない特徴である」と述べた。

オーストラリア未来基金は、「インテリジェント・プラットフォームにより、Tuya Smartは、多数の企業が標準化されたシステムを通じて迅速に製品のインテリジェンス化を実現し、異なる企業の特定のニーズを満たすことに役立っている。 また、多くの業種がインテリジェント領域で垂直統合後、クロス効果はより多くの想像力を作り出すことが出来る」と、伝えた。

技術主導、Bエンドに権限付与

Tuya Smartは、グローバルインテリジェントプラットフォームとして2014年6月に設立された。Tuya Smartは、消費者、製造ブランド、OEMおよび小売業者のインテリジェント部門でのニーズを満たすために、人工知能IoTワンストップソリューションを提供する。その中には、インテリジェントモジュールへのアクセス、IoTクラウドサービス、APPソフトウェア開発も含まれている。

2017年のBラウンドの発表時点で、Tuya Smartプラットフォームは、中国、米国、ヨーロッパ、中東、ASEANなど約200の国と地域をカバーしている。スマート製品は100以上の国や地域で販売され、 世界中で10,000以上のクライアントをサポートし、約11,000のスマート製品にインテリジェントソリューションを提供している。1日おける処理装置の要求量は200億回超え、音声AIのインタラクションは600万回、累積データ量は1PBに達する。

Tuya Smartの創設者兼CEOであるWang Xueji氏は36Krに「Tuya Smartが創業以来行っていることは一貫している。それはすなわちBエンドの権限付与である。 ここでいうBエンドとは、従来のハードウェアメーカー、スマートハードウェアの導入を望んでいるインターネット企業、またはスマートな都市構造を構想している政府のことである。権限付与とは、技術的手段により、Bエンドクライアントのさまざまなニーズに常時対応することである」と、述べた。

2014年にWang Xueji氏とChen Yuhan氏によって設立されたTuya Smartは、AI技術とIoTデバイスを統合して、企業顧客が迅速にインテリジェンスを実現できるよう支援してきた。 現在、Tuya Smartはインテリジェントプラットフォームであるだけでなく、IoTドメインにオペレーティングシステム(IoT OS)を備えている。自社開発のプラグアンドプレイ(Plug and Play)は、スマート製品カテゴリーの急速な拡大とグローバル展開を実現するのに役立っている。

彼は、Tuya Smartは技術指向のインテリジェントなプラットフォームであることを強調した。例えば、次の図では、過去3年間Tuya Smartは基本ビジネスを改善し続けており、その基盤を築いてきた。Tuya Smartは、開発サイクルに半年以上を必要とする従来のメーカーと比較して、昨年は開発時間を8時間に短縮した。今年はTuya Smartが開発を受け持った電気照明ソリューションを完成させるのに、1時間程しか掛からなかった。 クラウドでは、Tuya SmartはAIアルゴリズム、特に音声対話を繰り返し続けており、プラットフォーム上には大量のデータが蓄積され続けている。
「研究開発」を商品が0から1になることと見なすならば、次に1からnになることには、製品の「生産」と「販売」が含まれる。

Tuya Smartの基盤ができてから拡張したビジネスのひとつに「グラフィティ・インテリジェンス」がある。
簡単に言えば、スマート製品が工場に生まれた瞬間から、最も良い効率で、工場からTuya Smartを通し世界中の各代理店の棚に製品が届けられる。これは、工場から世界中の店までのラストワンマイル問題を解決できる。

具体的には、Tuya Smartでは、製品ローカライゼーション、チャネルローカライゼーション、サプライローカライゼーション、アフターセールスローカリゼーションの4つが行われている。

Tuya Smartと協力関係を持つ海外運営業者を例に見てみると、Tuya Smartは、インテリジェントな製品ライブラリを構築することを担当している。

製品が製造されて海外に販売される場合、製造業者自身は、特に米国、ヨーロッパ、日本などの厳しい市場問題に直面することになり、地域の文化や市場ルールを詳細に理解していないのが普通である。 Tuya Smartの方法では、海外の言語チームとマーケティングチームを構築することでその問題を克服する。

一方で、Tuya Smartの方法では、ローカル言語を通じて、製品の標準仕様、パッケージング、仕様、電子商取引のページ、特定の製品のデモンストレーションや広告スクリプトなど、該当する販売資料を政策する。 そのほか、ローカルのテスト基準、認証サービス、およびローカルユーザーの習慣およびユーザーエクスペリエンスにも厳密に準拠している。最終的な目標は、製品を入手する海外の消費者にエキゾチックな製品であると感じさせないことである。
同じように、Tuya Smartはチャネル、供給、アフターセールスの3つのエリアに対応するチームを設立した。結果、国内メーカーとオペレータの効率を大幅に改善し、コストを削減することに成功した。

パートナーの拡大、プラットフォームの共有

同時に、世界中におけるトップクライアントの製品インテリジェンスを実現するために、「Tuyaエコパートナープラットフォーム」に参加するようクライアントを促し、生態資源を共有する。

同様に、上記の海外運営業者を例に、パートナーのための「研究と生産」のためのワンストップサービスを提供した後、Tuya Smart次のステップは、TMTタイプのパートナーを、「Tuyaエコパートナープラットフォーム」に参加するよう促すことである。もし将来、Tuya Smartのクライアントが通信サービスにローカルでアクセスすることになれば、この海外運営業者はTuya Smartの優れたパートナーになる可能性を秘めている。

共有プラットフォームを構築した後、人材、リソース、資本などのニーズを満たし、パートナを引きつけ続けるために、Tuya Smartは「インテリジェントビジネススクール」と「インテリジェントビジネスアライアンス」を開始した。
「インテリジェントビジネススクール」は清華大学、シンガポール国立大学、香港大学、ハンブルク大学、およびシリコンバレー銀行、香港取引所、香港貿易発展協議会、ハンブルグ経済振興局などの機関と連携している。 パートナーに高水準の人材を提供し、主流の金融機関と政府のリソースとのインターフェースを提供する。「インテリジェントビジネスアライアンス」はパートナーに資本支援を提供することを目的としている。

将来の計画:技術革新により、3SMARTシナリオを確固たるものへ

3SMARTは、スマートホーム(Smart Home)、スマートビジネス(Smart Business)、スマートシティ(Smart City)を指す。

Wang Xueji氏は「3SMARTは、Bラウンドの資金調達が完了した後に展開されたTuya Smartのビジネスセグメントであり、Cラウンド資金調達の主要な方向性でもある。この3SMART構想は、Tuya Smartのさまざまなアプリケーションシナリオにおける、開発と発展の核である」と、述べた。

Tuya Smartがこの3つの目標を成し遂げるための基盤は、過去3年間にプラットフォームに蓄積された大量のC(顧客)およびB(企業)エンドのデータである。

「スマートホーム」は大量の家庭用機器データに基づいており、「スマートビジネス」はサービスシステムの作成で収集されたBエンドデータに基づいており、「スマートシティ」には一般的な都市カメラやセンサーだけでなく伝統産業のインテリジェントな改革も含まれている。 将来のTuya Smartは、都市における住民の安全、健康、旅行、エネルギー管理など、複数のスマートな都市シナリオを都市管理者に提供したいと考えている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録