8月2日最新ニュース

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

今日のニュース

8月2日最新ニュース

8点1氪 | 苹果市值破9900亿美元;特斯拉在中国预计年产25万辆;FF 91年底交车难度不小

大公司

苹果股价创历史新高,市值突破9900亿美元

36氪讯,受财报利好影响,苹果股价周三高开高走,以201.50美元的历史最高收盘价报收,盘中创出201.76美元的历史最高价。目前,苹果市值已达到9904亿美元,距万亿美元市值仅剩一步之遥。

8点1氪 | 苹果市值破9900亿美元;特斯拉在中国预计年产25万辆;FF 91年底交车难度不小

特斯拉:预计中国工厂产能为每年25万辆

36氪讯,在财报会议上,特斯拉发言人表示,我们的目标是,将Model 3产量提升至每周1万辆;希望8月份后期,Model 3产量达到每周6000辆。预计第三季度将生产5-5.5万辆Model 3,预计交货量也将是这样的水平。维持2018年交付1万辆Model S和Model X的目标不变。第二季度Model 3毛利润转为略微正面。预计中国工厂的产能大约为每年25万辆。

FF 91完成整车进度40%,贾跃亭承诺年底交车难度不小

据悉,FF的目标是在2018年底成功交付FF91。有汽车制造厂相关负责人表示,如果是量产成熟产品,白车身下线后快的企业1天就能完成整车下线,节拍慢的企业需要2天至3天;但如果是新产品开发,一般要开发38个月至52个月不等。事实上,除了从汽车生产制造本身角度考量外,FF生产工厂能否如期投入正常生产也成为干扰FF年底交付的另一重要因素。(《证券日报》)

特斯拉第二季度营收40.02亿美元,同比增43%

36氪讯,2018财年第二季度,特斯拉营收为40.02亿美元,同比增长43%;净亏损为7.43亿美元,较去年同期的净亏损4.01亿美元扩大;归属于普通股股东的净亏损为7.18亿美元,较去年同期的3.36亿美元扩大。

知情人士称小米内部一度对员工承诺估值“最低950亿美元”

36氪讯,一名早期加入小米的人士对36氪说,小米内部一度对员工承诺,估值“最低950亿美元。” 另有知情人士对36氪称,雷军把此次IPO定义为“不成功”,而小米CFO周受资,也可能因此离职——该消息未得到小米官方确认。

腾讯上半年:投资近千亿,社群电商成绩亮眼

相比今年1月时创下的历史高点,最近腾讯股价已回落逾25%,市值蒸发万亿元人民币。尽管资本市场风云诡谲,但腾讯从未放缓投资的速度。IT桔子数据显示,截至8月1日,腾讯2018年对外投资93家企业,投资规模达到1874.72亿元人民币。2018年上半年,社群电商更是腾讯投资的一大亮点。一位接近腾讯的人士对第一财经表示,能对阿里形成制衡的项目很容易获得腾讯投资。(第一财经APP)

蔚来ES8续航里程引质疑:高速状态续航仅226公里

有蔚来ES8车主反映,此款车的实际续航里程无法达到官方标准。“在高速行驶时(120公里/小时等速情况下),蔚来ES8的续航里程并未达到官方宣称的355公里综合续航里程,实际续航里程只有200公里出头。”对此,蔚来方面很快在同等条件下进行了实车测试,得出的结论为,“在120公里/小时等速续航里程测试中,ES8的续航里程为226公里。”(每日经济新闻)

谷歌将在尼日利亚提供免费Wi-Fi信号以及Go产品计划

谷歌宣布将为尼日利亚提供免费高速的互联网接入,该计划被称为尼日利亚的Google Station,旨在通过与光纤网络提供商21st Century合作,在尼日利亚提供高质量和高速的Wi-Fi热点。计划中还包括谷歌“Go”计划中的一些产品的更新,Go产品套件旨在为低带宽连接和低RAM设备的用户提供最佳的谷歌体验(cnBeta)

美国两大网约车推固定价格服务:同样的线路,一样的价格

据外媒最新消息,美国两大网约车公司Uber和Lyft,最近同时推出了线路固定价格的网约车服务。Lyft最近推出了一个包月制的固定价格服务,用户每月需要支付一定的费用,随后可以对自己经常乘坐的几个线路进行定制设计。无独有偶,Uber在不久前也推出了一个个性化线路定制服务,允许乘客锁定固定价格。(腾讯)

京东物流、驹马集团、普洛斯、威马联合成立智慧卡车公司

驹马集团、普洛斯、京东物流、威马汽车今日宣布共同出资组建智慧卡车公司,打造卡车新物种。据了解,该智慧卡车将通过智能终端,为司机提供一位“高智商”的“副驾驶”,业务对接OPEN API、物流地图、多点收派、远程实时诊断、危险智能提醒等一系列体验。预计,2020年智慧卡车开始量产并投放市场。(猎云网)

盒马鲜生2.0版即将在深圳出现,将实现大店向小店发展

阿里云新零售商超行业总经理李冰表示,盒马鲜生一般开店3个月,线上订单就会超过线下。商超实现新零售的关键在于数字化能力,盒马鲜生全流程已经实现数字化,实现全渠道覆盖,全业务共享和全数据融合。盒马鲜生2.0版很快将在深圳出现,未来还会有3.0,实现大店向小店发展。(证券时报)

8点1氪 | 苹果市值破9900亿美元;特斯拉在中国预计年产25万辆;FF 91年底交车难度不小

抖音正招募游戏MCN机构,提供除腾讯系之外的游戏跳转下载

某MCN机构相关负责人透露,抖音正在招募游戏MCN机构。据了解,此次招募MCN机构,抖音的目标十分明确——垂直于游戏领域的MCN机构、有能力打造游戏视频账号矩阵等。不仅如此,抖音还开通了“抖音游戏”官方账号,频道页面与今日头条内置的“今日游戏”一致。此外,除了腾讯系游戏,其他游戏还可以直接在抖音上跳转下载。(短视频工场)

投融资

医美脱口秀内容平台“女魔头驾到”完成百万元级天使轮融资

医美脱口秀内容平台“女魔头驾到”,宣布已于今年1月份完成海曦投资的百万元级天使轮融资。融资后,“女魔头驾到”将致力于打造不同类型多元化内容IP产品,树立医生IP品牌,通过全媒体内容矩阵,让更多求美者找到好机构和好医生。(动脉网)

智慧警务产品及解决方案提供商敏捷战网,获千万级天使轮融资

智慧警务产品及解决方案提供商敏捷战网于去年获得千万级天使轮融资,投资方为烽火与时,资金主要用于产品研发等方面。(猎云网)

半导体激光芯片商长光华芯完成1.5亿元B轮融资

长光华芯顺利完成1.5亿元B轮融资,本轮融资的投资方为:国投创业、中科院创投、苏州橙芯创投。长光华芯主要从事开发, 生产和销售高功率半导体激光器并为中国客户提供售后服务,在高功率半导体激光器芯片方面率先打破长期依赖进口“有器无芯”的局面。(激光网)

酷产品

三星发布Galaxy Tab S4,售价650美元起

8月2日,三星在曼哈顿举行了一场小型发布会,宣布推出全新的平板电脑Galaxy Tab S4。Tab S4采用10.5英寸Super AMOLED显示器(2560×1600),屏幕比例为16:10,机身内置四枚经过AKG调教过的扬声器。与iPad Pro一样,三星也为Tab S4配备了一只手写笔S Pen,官方宣传该机器可以拥有长达16小时的续航时间。同时还会有支持LTE的版本。(品玩)

8点1氪 | 苹果市值破9900亿美元;特斯拉在中国预计年产25万辆;FF 91年底交车难度不小

图片来源于theverge

Oko推出双目镜,解决拍照取景问题

液晶显示屏和取景器已经成为了数码单反相机的标配,但当前人们更喜欢用随身可携带的智能手机来拍照。不过在拍照和录制视频时,后者依然有些不方便的地方。有鉴于此,Oko别出心裁地给出了一个基于双目镜的解决方案。Oko其实是一副造型别致的硅胶智能手机套,且配备了六倍放大目镜,但外形看起来很像是一副VR眼镜。(新浪科技)

区块链

京东“智臻生活”微信小程序上线,通过区块链为产品溯源

36氪讯,近日,京东“智臻生活”小程序正式上线微信,这是全球首个通过区块链技术打造的商品溯源聚合小程序。据悉,消费者可以通过微信扫描商品的溯源码,无需额外下载APP,即可自动进入小程序查看每件商品的全流程溯源信息,这些信息包含从原材料采购到售后的全生命周期闭环中每个环节真实的重要数据。

汤森路透与数据聚合商合作,将50种加密货币加入金融数据源

跨国传媒和数据剧透汤森路透(ThomsonReuters)与加密货币市场数据整合商 CryptoCompare 近日建立战略合作伙伴关系。根据协议,CryptoCompare 将把来自多家合规交易所的 50 种数字货币订单和交易数据整合到 Thomson Reuters 金融市场分析平台 Eikon 中,为投资者提供数字货币资产的市场信息。(Odaily星球日报)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

大企業


アップル株価史上新記録、市場価格9900億ドル突破

36Krによると、アップルの株価は、財務報告の利益好調の影響を受け、水曜日よりも高値で推移し、201.50ドルの史上最高終値をつけ、取引中には201.76ドルの過去最高値をマークした。現在のところ、アップルの市場価値は9,904億ドルに達しており、市場価値は1兆ドルまであと一歩の距離だ。


テスラ:中国工場生産能力 年間25万台

36Krによると、テスラのスポークスマンは、財務報告会議で、モデル3の生産量を毎週1万台に増やすことを目標としており、8月度後期には毎週6,000台を達成したいとの考えだ。 第3四半期に5万〜5万5千台のモデル3が生産され、予定出荷台数も同様の水準になると見込んでいる。2018年に1万台のモデルSとモデルXを継続して提供するという目標に変更はない。第2四半期に、モデル3の粗利益はややプラスに転じた。中国工場の生産能力は年間約25万台になると見込まれている。


FF91 車両完成の40%を完了 賈躍亭(ジア・ユエティン)年末納車が厳しいと認める

ファラデー・フューチャーの目的は、2018年末にFF91の納車を成功させることだと、報じられている。メーカー担当者は、大量生産された完成品であれば、ホワイトボディ車がアウトライン後、速い企業であれば1日で完成することができ、遅い企業では2日から3日かかる、ただし新製品開発は、一般的に38カ月から52カ月を要するとの見解を示している。実際、同社生産工場が納期どおりにレギュラー生産を投入できるかどうかも、年末の納車を妨げているもう一つの大きな要因である。(「証券日報」)


テスラ 第2四半期の売上高 前年同期比43%増の40.2億ドル

36Krによると、2018年度第2四半期において、テスラの売上高は40億200万ドル(前年同期比43%増)、純損失は7億4300万ドルで、昨年同期と比較して4億100万ドルの純損失となった。普通株主に起因する純損失は7億1800万ドルで、前年同期の3億3600万ドルより増加した。


小米(シャオミ)内部関係者が明かす 従業員に対して時価総額「最低950億ドル確実」

36Krによると、初期に小米に入社した関係者が36Krに、小米が従業員に対して時価総額「最低950億ドル確実」と述べていた、と語った。別の関係者によると、雷軍は今回のIPOを「不成功」としており、小米CFO周受資はそれが原因で離職したかもしれない。この情報は公式に確認が取れていない。


騰迅(テンセント)上半期:約1000億の投資、ソーシャルeコマースの成績に注目

今年1月の過去最高値と比較して、最近では騰迅の株価は25%以上下落し、市場価格は1兆元蒸発した。資本市場が混乱をきたしても、同社は今まで投資速度を緩めたことはない。IT桔子のデータによると、8月1日までに、同社は2018年に93社に投資し、投資規模は1874億7200万元である。2018年上半期には、ソーシャルeコマースは同社の投資にとって大きな目玉であった。同社の関係者は、第一財経に対して、阿里(アリ)のバランスチェックを行うプロジェクトへの投資を得るのは容易だと語った。(第一財経APP)


蔚来(NIO) ES8走行距離に疑い:高速状態でわずか226キロ

蔚来ES8の所有者によると、実際の走行距離は公式基準を満たしておらず、「高速運転時は(定速120km / h)、蔚来ES8の走行距離は公式に発表された355kmに達しておらず、実際はわずか200kmである」と述べた。この点に関して、蔚来は早急に同等条件で実車テストを実施し、「ES8は120km / hでの走行距離テストで、走行距離は226キロであった」と結果を発表した。(毎日経済新聞)


グーグル ナイジェリアで無料Wi-Fi信号とGo製品プランを提供

グーグルはナイジェリアに無料の高速のネットワーク接続を提供し、この計画をGoogle Stationと称し、ナイジェリアの光ファイバネットワークプロバイダである21st Centuryと提携することで、高品質で高速なWi-Fiホットスポットを提供する。この計画には、Google “Go”プランの一部製品のアップデートも含まれており、Go製品セットは低帯域幅接続と低RAMデバイスのユーザーに最高のGoogle体験を提供する。(cnBeta)


米国二大配車アプリサービス 固定価格でのサービスを推進:同ルート、同価格

外国メディアの最新ニュースによると、ウーバーとリフト(米国の大手配車アプリサービス会社)は、最近、ルート固定価格での配車サービスを開始した。リフトは最近、月極め料金を支払った後、頻繁に使用するいくつかのルート形式をカスタマイズできるようにする月額固定価格サービスを導入した。偶然にもウーバーも、乗客が固定価格でルートをカスタマイズできるサービスを導入したばかりだ。(騰迅)


京東物流、駒馬集団、普洛斯、威馬連合が共同でスマートトラック公司を設立

京東物流、駒馬集団、普洛斯、威馬連合は今日、共同出資でスマートトラック会社を設立し、新車種のトラックを製造すると発表した。智慧トラックは、インテリジェントターミナルを介して、ドライバーのために「高知能」の 「副操縦士」を提供し、業務ドッキングOPEN API、物流マップ、マルチポイントコレクション、リモートリアルタイム診断、危険スマートリマインダー等の一連の機能を提供する。スマートトラックは2020年に量産開始、市場リリース予定である。(猟雲網)


盒馬鮮生(フーマフレッシュ)2.0バージョン間もなく深センに出現、大型店舗から小規模店舗への発展を実現

阿里雲(アリババクラウド)の新しい小売大型スーパー業ゼネラルマネージャーである李氷氏は、盒馬鮮生は3ヶ月間店舗を通常開店すると、オンライン注文がオフライン注文を超えてしまうと語った。大型スーパーによる新しい小売の実現の鍵はデジタル化能力にあり、盒馬鮮生の全プロセスがすでにデジタル化され、全ルートのカバー、フルサービス共有、完全なデータ統合が実現する。盒馬鮮生は2.0バージョンを早急に深センに出現させ、大型店舗から小規模店舗への発展を実現するために、将来3.0も登場させる予定だ。(証券時報)


抖音 ゲームMCNネットワークを募集中 騰迅系以外のゲーム リンクジャンプによるダウンロードを提供

あるMCNネットワークの責任者によると、抖音はゲームMCN組織を募集中である。同社の目標はかなり明確であり、ゲーム領域のMCNネットワークやゲーム動画アカウントマトリックスの作成能力に垂直であるとの認識だ。それだけでなく、抖音は「抖音遊戯」公式ウェブサイトを開設し、チャンネルページと今日の見出しに組み込まれた「今日遊戯」と一致している。さらに、騰迅系列のゲーム以外で、その他のゲームも抖音のリンクにジャンプしダウンロードが可能だ。(短視頻工場)

投資と資金調達


医療美容トークショーコンテンツプラットフォーム「女魔頭驾到」 100万元クラスのエンジェルラウンド資金調達を完成

医療美容トークショーのコンテンツプラットフォーム「女魔頭驾到」は、今年1月度に海曦投資した100万元のエンジェルラウンド資金調達を完了したと発表した。その後、「女魔頭驾到」は、さまざまな種類のコンテンツIP製品の作成と医師のIPブランドの確立に助力し、オール・メディア・コンテンツ・マトリクスを通じて、より多くの美を追求する人たちに優れた機関と医師の検索を可能にする。(動脈網)


スマート防犯製品とソリューション商社 敏捷戦網 1,000万クラスのエンジェルラウンド資金調達を受ける

スマート防犯製品とソリューションプロバイダの敏捷戦網は、昨年1,000万クラスのエンジェルラウンド資金調達を受けた。投資家は烽火与時であり、資金は主に製品開発に使用される。(猟雲網)


半導体レーザーチップ商社 長光華芯 1億5000万元のBラウンド資金調達を完了

長江華芯は1億5,000万元の資金調達を順調に完了した。今回の資金調達の投資家は、国投創業、中科院創投、蘇州橙芯創投である。長光華芯は主に高出力半導体レーザーの開発、製造および販売に従事しており、中国のユーザーにアフターサービスを提供し、チップに関しては、長期にわたる「本体有、チップ無」品の輸入に依存した局面の打破を率先して行う。(激光網)

人気製品


三星(サムスン)Galaxy Tab S4をリリース 販売価格650ドルより

8月2日、三星はマンハッタンでミニリリース会を開き、新しいタブレット「ギャラクシータブS4」の発売を発表した。タブS4は、アスペクト比16:10の10.5インチSuper AMOLEDディスプレイ(2560×1600)と4つのAKGチューニングスピーカーを搭載している。iPad Pro同様、サムスンはタブS4にスタイラスSペンを装備し、本体のバッテリー寿命が最大16時間まで持続可能であることを正式に宣伝している。またLTEをサポートするバージョンもある。(品玩)

画像引用元:theverge


オコ 撮影ピントの問題を解決する双眼鏡をリリース

デジタル一眼レフカメラでは、液晶画面やビューファインダーが標準となっているが、現在では携帯スマートフォンでの写真撮影がより好まれている。しかし、後者は、写真や動画撮影にはやや不便な場合もある。そこで、オコは双眼鏡をベースにした解決策を考え出した。実際は6倍の接眼レンズを備えたシックなシリコンスマートフォンケースだが、VRガラスのように見える。(新浪科技)

ブロックチェーン


京東「智臻生活」微信ミニプログラムをリリース ブロックチェーンを通じた製品トレーサビリティー

36Krによると、近日、京東「智臻生活」ミニプログラムが正式にWeChat(ウィーチャット)にリリースされ、世界初のブロックチェーン技術を通して打ち出された商品トレーサビリティーの集合体ミニプログラムとなる。消費者はWeChatを通じて製品のトレーサビリティーコードのスキャンが可能となり、アプリを追加ダウンロードすることなく、自動的にミニプログラムに入り、各製品の全トレーサビリティ情報が閲覧可能で、原材料調達からアフターセールスまでの全ライフサイクルのクローズドループ中の各段階のリアルな重要データを包括している。

トムソン・ロイターとデータ収集商社との提携 50種の仮想通貨を金融データソースに加入

グローバルメディアとデータ収集商社のトムソン・ロイターと仮想通貨市場データ収集商社のクリプトコンペアは近日、戦略的パートナーシップを確立する。この契約に基づき、クリプトコンペアは、複数のコンプライアンス取引所からの50のデジタル通貨注文と取引データをトムソン・ロイターの金融市場分析プラットフォームアイコンの中に統合し、投資家にデジタル通貨資産に関する市場情報を提供する。(オーデイリー星球日報)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録