Blackberryとバイドゥがパートナーシップを拡大 次世代自動運転技術を共同開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Blackberryとバイドゥがパートナーシップを拡大 次世代自動運転技術を共同開発

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ブルームバーグの報道によると、車載分野を中心に組込ソフトウェアを展開するカナダの「Blackberry」が現地時間1月25日、中国検索大手バイドゥ(百度)との戦略的パートナーシップを拡大し、次世代自動運転技術の共同開発を進めると発表した。

バイドゥの高解像度マップがBlackberryのソフトウェア「QNXニュートリノRTOS(QNX Neutrino Real-Time Operating System)」に統合され、自動車大手「広州汽車集団(GAC Motor)」のEV(電気自動車)子会社「広汽新能源(GAC New Energy)」が発売を予定している「Aion」モデルに搭載される。

マイルストーンとなる今回の発表は、自動車分野の機能安全規格で最高水準となる「ISO 26262 ASIL D」に認証されたBlackBerryのOSを、バイドゥの自動運転オープンプラットフォーム「Apollo」の基盤にするという両社が2018年1月に合意した協定に基づいている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録