ファーウェイ、国外初の5G機器工場を仏に建設 2023年から稼働予定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイ、国外初の5G機器工場を仏に建設 2023年から稼働予定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)は、フランス東部に位置するグラン・テスト地域圏のブリュマトに、中国以外では同社初となる5G機器関連の生産工場の建設を予定している。ファーウェイは1月26日に行った発表で、同工場は2023年に生産を開始し、5G用など移動体通信基地局向けの機器を欧州市場に供給すると明らかにした。

ファーウェイはこの工場へ2億ユーロ(約250億円)を投じ、将来的には従業員を300〜500人雇用する計画だ。同工場では無線通信機器を中心に生産し、稼働開始後の年間生産高は10億ユーロ(約1260億円)を見込んでいる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録