著名ファンド「BAI」が外部投資家を初募集 約733億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

著名ファンド「BAI」が外部投資家を初募集 約733億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

著名なドル建てファンドの「ベルテルスマンアジア投資基金(Bertelsmann Asia Investments;BAI)」が、初めて対外的に投資家募集を行い、このほど7億ドル(約733億円)でファーストクローズを終えた。政府系ファンドや大手保険会社、IT大手など、多くの機関が出資した。

BAIは元々、ファンドの設立母体であるメディア企業「ベルテルスマン・グループ(Bertelsmann Group)」を、単独でリミテッド・パートナー(LP)とするのみで、外部からの出資を募ったことはなかった。今回の募集は、BAIがコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、多様なパートナーを持つ市場志向なグロースファンドへと変貌したことを意味する。ブランド名もまた、起業家や同業者になじみのある「BAIキャピタル(BAI Capital)」に変更された。

BAIの設立者兼マネージングパートナーである龍宇氏は、米スタンフォード大学の経営大学院を修了。同校初の中国人理事であるほか、国際的ファッションブランド「コーチ」の独立取締役も務める。

BAIは設立から12年で、シェアサイクル「モバイク(Mobike、摩拝単車)」、EVメーカー「蔚来汽車(NIO)」、オンライン音楽プラットフォーム「ネットイース・クラウド・ミュージック(網易雲音楽)」、クラウドコンピューティングサービス「優刻得科技(U Cloud)」、ライブ配信アプリ「BIGO」、フィットネスアプリ「Keep」、上場間近のフィンテック企業「聯易融(Linklogis)」など、200社以上に出資してきた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録