シャオミ、画期的なコンセプトスマホを発表 4曲面ディスプレイ搭載

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

シャオミ、画期的なコンセプトスマホを発表 4曲面ディスプレイ搭載

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月5日午後、中国スマートフォン大手シャオミ(小米科技)は同社で初めて4曲面ディスプレイを搭載した「クアッドカーブ・ウォーターフォールディスプレイ・コンセプトスマートフォン」を発表した。

シャオミによると、このコンセプト機は画面の4辺全てが側面に向かって88度の角度で湾曲する滝(ウォーターフォール)のようなデザインを採用しており、ベゼルはほぼ完全にスクリーンに置き換えられている。設計面ではホールレスデザインが採用されており、あらゆるボタンやポートが排除されている。

シャオミグループ(小米集団)副総裁でスマホ事業部総裁でもある曽学忠氏は、同コンセプト機について、自社開発した46件の特許技術により、物理的なボタンや全ての開口部が完全に消え去ったと、その特徴を紹介している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録