北京ゲノム研究所は「炎上騒ぎ」の責任を否定、株価を挽回できるのか?

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

北京ゲノム研究所は「炎上騒ぎ」の責任を否定、株価を挽回できるのか?

最前线 | 华大基因否认在“癌变门”中负有责任,高管增持当真能挽回股价吗?

文 | 朱欣

编辑 | 李振梁

“举报门”、“癌变门”的接踵而至,让华大基因过去几个月不时冲上风口浪尖。不仅遭到媒体、用户的质疑,股价也不断下挫,现在只有不足三百亿的市值。

8月1日,华大基因召开媒体沟通会,对以上问题做出回应。华大基因对这些问题一概否认,不承认在这些事件中负有相应责任。

在华大上市一周年之际,虎嗅的《华大癌变》给这个喜庆的纪念日泼了一盆冷水。文中披露了华大基因无创DNA检测的一大漏洞,由于无创DNA的漏检,导致众多唐氏儿诞生,此事一经披露引起广泛关注。而当时,华大基因尚有400亿的市值。

此事的发酵关系到华大基因的核心业务。据2017年年报显示,生育健康类产品占华大基因总收入的54%,毛利率也是公司最高的67.7%。

华大基因对此回应称,无创DNA检测对准确性可以到99%以上,官方数据展示,它的发生率对活产率下降影响明显。

对于虎嗅所报湖南孕妇的遭遇,华大基因坚决否认存在“漏检”,并表示:“我们有完整的证据链条,证明医院的医生是给出了建议做脐血穿刺的诊断。孕妇本人由于种种原因没有选择,也许由于恐惧,也许由于其他原因,最终导致情况发生。”

此外,华大基因称,公司的检测是合格的,不存在对孕妇进行赔偿的说法。但华大基因、医疗机构、政府会对孕妇有安抚措施。

值得一提的是,虽然华大基因在沟通会中否认存在“漏检”,但是在其官网《华大基因致孕妈妈们的一封信》中承认,无创NDNA“仍然具有一定技术局限性和适用范围,存在一定漏检的概率(假阴)”。

华大在这件事当中究竟负有多大责任,见仁见智。但是,无创DNA漏检导致唐氏儿诞生一事,华大恐难把相关责任推卸干净。

在癌变门之前,华大基因还曾陷入“圈地门”。6月,南京昌健总经理、华大研究院前合作伙伴王德明实名举报,华大基因四处圈地。

对此,华大称还在走法律程序,一方面,正在南京本地展开关于反不正当竞争起诉。同时,华大基因认为南京昌健以及王德明本人,对华大声誉及华大领导个人存在诽谤侵犯商誉行为,目前正在诉讼。

华大基因还表示,对于王德明以及南京昌建持有他认为国家基因库南京中心的章,南京市公安局玄武分局已对这个公章及其财务帐进行了撤销。

为消除大众担忧,华大基因已在官网发表《华大基因致孕妈妈们的一封信》,提示孕妇无创DNA检测的相关奉献。与此同时,为稳定股价,华为基因称,公司高管团队、控股股东将发布增持计划,累计增持金额不于1.9亿人民币。

去年11月时,华大基因曾高达千亿市值,但此后股价一路下跌,今天只剩下283亿元的市值,略多于峰值的四分之一。

究其原因,除了资本市场认为其估值偏高外,华大的诸多负面新闻,也导致其市值大幅缩水。未来,华大如不对其产品、服务进行相应的调整,而只是让高管增持股票外,未见得能重新赢得市场的信心。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

数々のスキャンダルが続々と報じられ、BGIゲノミクス(別名:BGI / 華大基因)はここ数ヶ月ずっと炎上している。メディアやユーザからの非難の声だけでなく、株価も下落しつづけ、現在の市場価値は三百億以下だ。

8月1日、BGIゲノミクスは記者会見を開き、問題について回答した。BGIゲノミクスは一連の問題を否定し、これらの事件の責任を負わないとした。

BGIゲノミクスは上場一周年を迎えた。しかし虎嗅の報道した記事「BGIゲノミクスの癌」がこの喜ばしい記念日に水を差した。記事にはBGIゲノミクスの非侵襲DNA検査における大きな落とし穴、非侵襲性DNAの検出漏れにより、多くのダウン症の子供が誕生した事について書かれており、世間の注目を集めた。当時のBGIゲノミクスは400億の市場価値があった。

このニュースの経過はBGIゲノミクスの中核事業に関連する。2017年年次報告によれば、生育健康関連製品はBGIゲノミクスの売上の54%を占めており、粗利は企業最高の67.7%だ。

BGIゲノミクスはこれについて、非侵襲性DNA検査の正確性は99%以上だと回答した。公式データによれば、発生率の活産率低下への影響は明らかだ。

虎嗅の報じた湖南省の妊婦の不運について、BGIゲノミクスは「検査漏れ」の存在をかたくなに否認しており、そして「我々にはは完璧なエビデンスがあり、病院の医師が臍帯血検査を勧めた事も証明できる。妊婦本人が種々の原因により選択しなかった、もしかしたら恐怖、もしかしたら他の原因によるが、最終的にこのような状況になった。」と述べた。

さらにBGIゲノミクスは検査は合格しており、妊婦に賠償する考えは無いとした。しかしBGIゲノミクス、医療機関、政府は妊婦に対して安心させる措置を取るだろう。

BGIゲノミクスは記者会見で「検査漏れ」の存在について否定したが、公式ホームページ「BGIゲノミクスから妊婦さんへの手紙」の中で、非侵襲性DNA検査は「依然として一定の技術的限界と適用範囲があり、検査漏れの確率も存在する。」と記載している。

BGIゲノミクスが、この件においてどれほど責任があるかについては、様々な意見がある。しかし、非侵襲性DNA検査によりダウン症の子供が誕生した事から、BGIゲノミクスが責任を完全に免れることは難しいだろう。

この事件の前にも、BGIゲノミクスは炎上騒ぎに陥った。6月南京昌健のGMでBGIゲノミクスの元提携パートナー王徳明がBGIゲノミクスの四箇所の囲い込みについて実名告発した。

この件について、BGIゲノミクスはいまだ法律手続き中だと述べ、現在南京で不当競争反対の起訴を展開している。同時にBGIゲノミクスは南京昌健及び王徳明本人にBGIゲノミクスの評判とリーダー個人に対する非難・信用侵害行為があったとして、訴訟を起こしている。

BGIゲノミクスはまた、王徳明及び南京昌健が保有する国家ゲノミクス南京センターの公印について、南京市公安局玄武支局がすでに公印及びその他財務状況について取消手続を進めていると話した。

大衆の不安を解消するため、BGIゲノミクスは公式ホームページで「BGIゲノミクスから妊婦さんへの手紙」を発表し、非侵襲性DNA検査に関する危険性について注意を喚起した。それと同時にBGIゲノミクスは株価安定のため、経営陣・株主が増資計画を発表する、累計金額は1.9億人民元ほど述べている。

去年11月の時点でBGIゲノミクスは一千億円の市場価値までに達したが、その後株価は下落し続け、現在市場価値は283億人民元、ピーク時の4分の1より少し多いだけだ。

原因を突き詰めると、資本市場が評価価格を高目だと感じた以外に、BGIゲノミクスのたくさんの醜聞が市場価値の低下に影響した。将来、BGIゲノミクスがただ高級管理職に増資させるだけで製品とサービスに相応の調整を行わないなら、市場の信頼を回復できるとは言えない。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手