創業から2年で小鳴単車(シャオミンダンチャ)が破産で最終段階に入る

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

創業から2年で小鳴単車(シャオミンダンチャ)が破産で最終段階に入る

成立两年,小鸣单车破产清算进入尾声

小鸣单车破产,进入收尾阶段。

近日,“小鸣单车破产工作信息”公众号发公告称,广州市中级人民法院作出裁定:受理张璐对广州悦骑信息科技有限公司(“小鸣单车”经营者)的破产清算申请。悦骑公司管理人拟委托中国再生资源开发有限公司对分布广州、深圳、上海、杭州等各个运营城市的小鸣单车进行回收处置。中国再生资源开发有限公司同意按每辆车12元(扣除回收、运输及电子垃圾处理等费用后的净价)进行回收。

2016年被称为共享单车元年,不少共享单车创业团队斩获融资,小鸣单车也于2016年7月正式创立。据资料显示,其创始人是原宅米联合创始人兼首席运营官金超慧,核心团队来自滴滴出行和Uber,智能硬件团队由有30多年自行车研发经验的自行车工程师组成。

  • 2016年9月,“小鸣单车”完成数千万人民币的天使轮融资。
  • 2016年10月8日,共享单车项目小鸣单车宣布完成一亿人民币A轮融资
  • 2017年7月,小鸣单车宣布获得B轮数亿元融资。

陈宇莹于2017年初正式出任小鸣单车CEO。在小鸣单车完成B轮融资后,陈宇莹曾表示,一二线城市的共享单车已经竞争完毕,但单车的管理做的并不好,小鸣单车希望通过提前布局的电子围栏,区别摩拜、ofo,在三线城市做有序的投放和管理。

然而小鸣单车不仅在2017年7月份就被用户反映押金难退,引发了“押金风波”。同年11月,还被爆出裁员、拖欠工资、实际控制人邓永豪失联等消息,其CEO陈宇莹也被证实于2017年10月离职。

成立不到两年,小鸣单车便走到了尽头。

  • 2018年3月27日,广州市中级人民法院受理张璐对广州悦骑信息科技有限公司的破产清算申请。
  • 2018年5月10日,广州中院对小鸣单车的高管作出了限制出境的决定。
  • 2018年5月19日,小鸣单车的经营方广州悦骑信息科技有限公司已正式进入破产清算程序。
  • 2018年7月10日,广州悦骑信息科技有限公司破产清算案第一次债权人会议在广州市中级人民法院第二法庭召开。

据“小鸣单车破产工作信息”公众号7月13日发布的公告,截至债权申报期届满,“小鸣单车”用户有效申报的债权118738笔,申报的债权金额普遍在200元左右;供应商申报的债权28笔,管理人确认的债权金额合计1912.970247万元;另外,管理人核实的职工债权115笔,经济补偿金及欠薪合计161.936551万元。

目前“小鸣单车”账户资金仅剩余存放于微信账号上的35万余元。另外,散落于各个城市街头的共享单车,回收成本高,难以处置变现。广州市中级人民法院称,我们目前比较担心的是官司打赢了,被告却没有可供执行财产,这一点希望债权人也要有心理准备。

小鸣单车的破产财产处置方案表决拟于2018年08月08日进行。

小鸣单车彻底败北,给后来者们敲响了警钟。

就目前来看,共享单车市场竞争两级分化程度较严重,ofo小黄车和摩拜等头部企业实力雄厚,其他弱小企业则谋求生存。而此前摩拜被美团收购,近日ofo小黄车在外海市场折戟,即使是头部企业也面临诸多不确定因素,其他玩家又该如何生存?

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

小鳴単車が破産申請を行い、最終段階に入る。

このほど、『小鳴単車が破産するとのニュース』が微博(Weibo、ウェイボー)の公式アカウントで発表され、広州市中級人民法院(訳注:広州市地方裁判所に相当)は、次の裁定を行った。すなわち、広州悦騎信息科技有限公司(ユエチー情報テクノロジー株式会社)(「小鳴単車」の経営者)の張璐(Zhang Lu)の破産申請を受理したのである。広州悦騎信息科技有限公司の破産管理人は、チャイナ・リサイクリング・エナジー・コーポレーション(China Recycling Energy Corporations、中国再生資源開発有限公司)に委託し、広州・深圳・上海・杭州などの、業務を行っている各都市の小鳴単車の回収業務を立案中である。チャイナ・リサイクリング・エナジー・コーポレーションは、一輌ごとに12元(回収・輸送および電気電子機器廃棄物の処理などの諸費用を除く正味価格)で回収することを承諾した。

2016年はシェアサイクル元年といわれ、少なからぬシェアサイクルの企業グループが資金調達し、小鳴単車もまた2016年7月に正式に創業した。資料によると、創始者はもともと「宅米」(チャイミ 訳注:大学生のためのネットスーパー)の創業人かつ、チーフ・エグゼクティブ・オフィサー(Chief Executive Officer:OCC、最高経営責任者)の金超慧(Jin chaohui)である。また、会社の中核は、滴滴出行(ディーディーチューシン 訳注:北京市に本社を置く中国大手のライドシェア企業)とUber(訳注:スマートフォン経由でハイヤーのような運転手付きの高級車を呼ぶことができるシステム)から成り立っており、そして、インテリジェンスハードウェアチームは、30年以上自転車の研究開発の経験をしてきたシステムエンジニアで組織している。

・2016年9月、「小鳴単車」は数千万元のエンジェルラウンド投資で資金を調達。

・2016年10月8日、シェアサイクルの分野で、小鳴単車は1億元のAラウンド投資で資金を調達したと発表。

・2017年7月、小鳴単車は、Bラウンド投資で数億元の資金を調達したと発表。

2017年初頭、陳宇莹(Chen Yuying)が正式に小鳴単車のCEOに就任した。小鳴単車がBラウンド投資で資金を調達した後、陳宇莹は以下のように表明した。一線都市(訳注:北京・上海・広州・深圳といった政治・経済の中心の大規模都市)や二線都市(訳注:厦門・福州などの中核都市)のシェアサイクルはすでに競争が完全に終わったが、自転車の管理が行き届いていない。小鳴単車は電子柵の配置計画を前倒しし、バイクとofo(シェアサイクル)を区分して三線都市(訳注:地方の小規模都市)での行き届いた配車と管理を行いたいとした。

しかし、小鳴単車は2017年7月度にデポジット(保証金)の払い戻し不払いがユーザーから報告されただけでなく、「保証金騒動」を引き起こした。同年11月、リストラ、給料不払い
が噴出し、事実上会計監査役の鄧永豪(Deng Yonghao)が消息不明となり、CEO陳宇莹は2017年10月に辞職することを認めさせられた。

成立から2年たたずして、小鳴単車は終焉を迎えたのである。

・2018年3月27日、広州市中級人民法院は張璐の破産申請を受理した。

・2018年5月10日、広州市中級人民法院は小鳴単車の役員の出国制限を決定。

・2018年5月19日、小鳴単車を経営している広州悦騎信息科技有限公司が正式に破産・精算の手続きに入る。

・2018年7月10日、広州悦騎信息科技有限公司が破産精算案第一回債権者会議を広州市中級人民法院第二法廷で開く。

7月13日、微博の公式アカウントで「小鳴単車破産申請のニュース」が発表したところによると、債権報告期間(訳注:破産債権の調査をするための期間)の期日が満了により以下のことが判明した。小鳴単車のユーザーの申告した債権は118738件であり、申告された債権の金額は大方200元ほどである。ベンダーの申告した債権は28件で、破産管理人が確認した債権合計金額は、1912.970247万元である。そのほかにも、破産管理人が事実確認した従業員の債権が115件あり、経済補償金および賃金未払いの合計金額は161.936551万元である。

現在のところ、小鳴単車の口座資金はわずか35万元あまりが微博の口座に残されていたのみである。そのほか点々としている各都市のシェアサイクルの回収コストが高く、対応の実現が難しい。広州市中級人民法院は、われわれが目下心を痛めているのは訴訟に勝つことであり、被告が財産を失ったとしても、債権者が心の備えができるようにしたいと、述べた。

小鳴単車の破産処置法案は、2018年8月8日に決定される予定である。

小鳴単車が完全に経営失敗したことは、あとに続く同業者に警鐘を鳴らした。

現在のところ、シェアサイクルの競争は二極化が激しく、ofo小黄車(ofo sharing bicycles)と摩拜単車(mobike)などのトップ企業の実力が充実しており、その他の中小企業は生存の手立てを模索している。しかし、さきほどmobikeは美团(meituan.com)に買収されており、また近ごろofo小黄車は海外市場で大変な失敗をしている。トップ企業といっても多くの不確定要素に面しているのなら、そのほかの企業はどうやって生き延びればよいのだろうか。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手