中国自動運転AIチップ「地平線」がシリーズC3で約370億円の調達 3ヶ月間で合計950億円を

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国自動運転AIチップ「地平線」がシリーズC3で約370億円の調達 3ヶ月間で合計950億円を

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転向け組み込み式AIソリューションを提供する「地平線機器人(Horizon Robotics)」がシリーズC3で3億5000万ドル(約367億円)を調達した。出資者は「国投招商(CMG-SDIC Capital)」、「中金資本(CICC Capital)」傘下のファンド、「衆為資本(ZWC Partners)」、中国の新エネルギー車(NEV)大手「比亜迪(BYD)」、自動車大手「長城汽車(Great Wall Motor)」、光学部品大手「舜宇光学(Sunny Optical Technology)」など。

現時点で、同社はシリーズCで累計9億ドル(約950億円)を調達を完了しており、当初目指していた7億ドル(約720億円)を上回った。

中国自動運転AIチップ「地平線」が新たに約415億円調達 開発加速へ

地平線は「チップ+アルゴリズムIP+開発プラットフォーム」という包括的ソリューションを業界の顧客に提供することを目指している。インテリジェントドライビングの分野では、米国、ドイツ、日本、中国という世界の4大自動車市場で事業を展開している。

同社提携パートナーには、「第一汽車集団(FAW Group)」傘下の高級車ブランド「紅旗」、独「アウディ(Audi)」、「上海汽車集団(SAIC MOTOR)」、比亜迪(BYD)、仏自動車部品メーカー「フォルシア(Faurecia S.A.)」、独自動車部品大手「ボッシュ(Bosch)」など中国内外のトップ企業が並ぶ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録