テスラ、国家市場監督管理総局など中国の5部門から行政指導

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テスラ、国家市場監督管理総局など中国の5部門から行政指導

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国国家市場監督管理総局(SAMR)によると、中国国家市場監督管理総局、中央サイバーセキュリティ・情報化事務室、工業・情報化部、交通・運輸部、緊急事態管理部消防救援局の5部門が、テスラ中国法人に対して行政指導を行なった。消費者から訴えのあったテスラ車の異常加速、バッテリー発火、無線通信によるソフトウェア更新(OTA)などの問題について、テスラの中国法人「特斯拉汽車(北京)有限公司(Tesla Motors (Beijing) Co., Ltd.)」と「特斯拉(上海)有限公司(Tesla (Shanghai) Co., Ltd.)」に対し、中国の法律法規の厳守、社内管理の強化、品質と安全に対する企業としての責任遂行、消費者の法的権利と利益の保護を合同で求めた。

今回の行政指導を受け、テスラは中国当局による指導を真摯に受け止め、企業経営上の不備を深く反省し、社内検査・内部管理を大幅に強化するとコメントした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録