ニューエコノミーに対応するスピード配達サービス会社が310億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ニューエコノミーに対応するスピード配達サービス会社が310億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スピード配達サービスの「上海安能聚創供応鏈管理有限公司(Shanghai ANE Logistics 、以下「安能」)」が2021年2月、約3億ドル(約310億円)を調達した。リードインベスターは「中信産業基金(CPE)」、コ・インベスターは「大湾区共同家園発展基金(Greater Bay Area Homeland Development Fund)」「NWSホールディングス」「六脈資本(Creo Capital)」「華蓋資本(Huagai Capital)」など。

安能の王擁軍董事長は「スピード配達ネットワークは製造・流通分野におけるニューエコノミーのインフラであり、中国の産業用インターネットビジネスにおけるC2M(Consumer to Manufacturer、「消費者から製造者へ」の略)製造、およびフラット化したサプライチェーンの重要な柱である。安能はこの資金調達を機に、引き続き投資を強化し、業務のデジタル化能力向上に力を入れ、中国のスピード配達業界の整理統合をリードしていく」と述べた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録