8月6日最新ニュース

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

今日のニュース

8月6日最新ニュース

8点1氪丨台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%;陈一舟称人人网会在Q4扭亏为盈;头条回应“悄悄”复活内涵段子

大公司
台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%

据彭博,全球最大芯片代工商台积电称,近日爆发的电脑病毒入侵事件已经冲击到了公司第三季度业绩。台积电预计这一事件会造成出货延期,产生额外成本。台积电预计该事件将导致公司第三季度营收下降大约3%,毛利率降低大约1个百分点。

雷军、董明珠赌约4月后到期,小米引入格力班底

据证券日报,近日,小米的“米家互联网空调”正式上市,主打智能,这已是小米第三次杀入空调市场。小米集团董事长雷军与格力电器董事长董明珠的赌约期限已渐行渐近,双方也在对方的领地加速扩张。据悉,通过一系列运作,小米已在自家的空调体系中引入“格力+长虹”班底。

陈一舟:人人网将扭亏为盈,继续研发社交产品

8月5日下午,人人网创始人陈一舟对刷屏文章《13年了!曾经记录青春的人人网,你还记得吗?》网上做出了回应。他声称人人网在与新浪腾讯等社交巨头酣战“烧掉至少三亿美元的现金”,不得不寻找新的业务增长点。不过人人网第四季度实现扭亏为盈,将把纯利投入社交产品研发,届时将请新老用户指点。

工信部加力整治电信诈骗,已关停违规语音专线6.1万条

据新华社从工业和信息化部获悉,电信诈骗治理已取得阶段性成果:日均处置诈骗电话400多万次,累计3.39亿次;对商店8万款软件进行个人信息保护技术检测;劝阻受害用户36.9万人,挽回直接经济损失11.2亿余元等。工信部将持续加强电信诈骗源头和综合治理,进一步加大电信诈骗整治力度。

阿里巴巴调动线上线下零售资源,在首届进口博览会推新零售

据上观新闻报道,阿里巴巴将为中国首届进口博览会提供云服务,同时计划调动天猫、菜鸟网络、盒马、银泰、百联、大润发等生态圈内企业资源,将进博会的影响力从国家会展中心延伸到实体零售门店,实现进口商品与新零售衔接。

8点1氪丨台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%;陈一舟称人人网会在Q4扭亏为盈;头条回应“悄悄”复活内涵段子

王石宣布正式出任华大集团联席董事长

据澎湃新闻,8月5日消息,辞去华大基因独立董事一职后,王石正式宣布出任华大控股联席董事长。8月4日晚,王石在其个人微博宣布:人生旅途无限风光在险峰,华大2018年年会上,经华大集团董事会批准,我为华大集团董事会联席董事长。华大集团方面表示,王石出任集团联席董事长,和房地产无关,华大“一诺千金,永远不会做商业房地产”。

27家动漫音乐网站被点名,存在问题平台将被依法立案调查

据新华社报道,近期,文化和旅游部开展专项查处工作,组织开展网络动漫、网络音乐市场集中执法检查。此次被列入检查对象名单的27家网站包括:哔哩哔哩、快看漫画、动漫之家、ACFUN等。针对一些网络音乐平台提供含有问题内容的网络音乐产品,相关部门指导各地文化市场综合执法机构依法立案调查,并将依法做出行政处罚。

易尚与京东尚科达成3D电商框架协议,承接建模业务

易尚展示8月5日公告称,公司今年6月与京东尚科就3D电商合作达成框架协议,现签署了3D电商智能建模项目合作协议,每批金额预计3000万元。公司将承接京东尚科3D电商建模业务,服饰鞋帽、箱包、3C、钟表首饰和家电等七大类被选定为京东平台3D电商建模品类。

苹果正与中国运营商合作,寻求减少发送垃圾短信方法

过去一周,苹果多次遭到来自国内的“点名批评”,包括iMessage上垃圾短信,App Store中国区被允许上架的赌博应用。据路透社报道,苹果正与包括中国电信在内的中国运营商合作,寻找减少通过运营商服务收到垃圾短信/邮件的方法,如采用机器学习模型来识别垃圾短信,找出并拦截欺诈发送短信的账户。

隐写机密代码、拷走通用数据,华人“千人计划”专家被FBI逮捕

据新智元报道,FBI又逮捕了另一位华人:国家“千人计划”专家、通用电气主任工程师郑小清,他被指控涉嫌窃取与动力涡轮相关技术机密提供给中国公司。FBI称郑小清把39份通用公司的设计与流程图纸加密打包,然后放到一张照片文件的代码后面,将其伪装成一张正常的日落风景照,从公司服务器上拷贝出来,发送到自己的私人邮箱里。

全球IP地址分析报告:阿里云活跃IP全球第二,增速第一

据蓝鲸TMT,IPIP.net于8月4日发布了2018年上半年全球IP地址分析报告,亚马逊云AWS以810万个活跃IP数居全球第一,市场占比41%。阿里云以260万紧随其后,市场占比13.2%,超微软的8.73%。相比去年下半年,阿里云的活跃IP涨幅全球第一,谷歌、微软紧随。

Uber东亚撤退南亚固守,打算在尼泊尔建数据中心

据腾讯科技,美国网约车巨头Uber相继从俄罗斯、中国和东南亚地区撤退。消息称大股东软银集团也准备让Uber从印度市场退出。不过据最新消息,Uber正准备在南亚的尼泊尔建一座数据中心,以便支持包括印度在内的南亚市场。成本因素和未来进入尼泊尔市场是Uber做出这一决策的原因。

8点1氪丨台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%;陈一舟称人人网会在Q4扭亏为盈;头条回应“悄悄”复活内涵段子

股权评估值288.5亿元,北汽新能源即将借壳上市

据中国经营报,北汽新能源计划于8月8日完成借壳上市,股权过户手续及相关工商变更登记手续已完成。其中,置入资产北汽新能源100%股权评估值为288.5亿元,已全部过户至前锋股份;前锋股份也已完成对北汽集团所负的置出资产交付义务,拟置出资产评估价值为1.87亿元。

头条回复“悄悄”复活内涵段子:皮皮虾是一款主打轻幽默的全新产品

此前三声报道称,头条或“悄悄”复活内涵段子,新上线App皮皮虾定位为搞笑神评论社区,从图标到功能都内涵段子相似,还能同步恢复内涵段子的账号和数据,得到今日头条和抖音的广告推送。皮皮虾运营公司与今日头条母公司字节跳动同样存在连带关系。对此今日头条回应称,“皮皮虾是我们公司做的一款主打轻幽默内容的全新产品,主要希望通过产品传播快乐,让大家分享快乐生活。”

上季度50亿美元杀入自动驾驶和出行领域,比过去4年总和还多

根据彭博NEF的统计,今年第二季度无人驾驶汽车公司获得的私有市场投资额飙升,甚至超过过去4年的总和。在截至2017年底的4年内,跟联网汽车和自动驾驶技术有关的企业获得的投资总额为44亿美元。今年第一季度的投资额仅为1.97亿美元。而今年第二季度,投资总额达到了50亿美元。这主要归功于孙正义的巨无霸愿景基金。

阿里辟谣法人变更:系旗下B2B业务公司更换法人

36氪讯,日前有消息称,阿里巴巴(中国)网络技术有限公司法人代表已不再由CEO张勇担任,转而由阿里巴巴创始人之一的戴珊出任。对此,阿里巴巴集团CEO助理颜乔表示,该新闻有误,并非集团法人变更,所变更法人的是阿里巴巴集团旗下负责B2B业务的公司,而戴珊是B2B业务总裁。

饿了么股权变动完成:张旭豪职务不变,法人代表换为王磊

8月2日,饿了么更新了其股权信息。据企查查显示,饿了么原股东邓高潮、张旭豪、汪渊、康嘉等退出,新任股东为杭州阿里巴巴创业投资管理有限公司,饿了么的法人代表由张旭豪变更为王磊。张旭豪目前仍担任饿了么董事长,并兼任阿里巴巴集团CEO张勇的新零售战略特别助理。

投融资
将CRISPR技术用于新药研发与分子诊断,「克睿基因」获1700万美元A轮融资

36氪获悉,生物科技公司克睿基因已完成1700万美元A轮融资,由启明创投领投,清松资本、盛鼎投资共同投资。本轮融资将主要用于技术平台的完善、生产研发中心建设,和推进新药项目IND申报,以及产品线的扩充。

比特大陆完成Pre-IPO轮签约,腾讯、软银和中金参与投资,估值150亿美元

根据IPO早知道独家消息源,比特大陆正式完成Pre-IPO轮签约,本轮投资者包括腾讯、软银和中金,本轮融资10亿美元,投前估值140亿美元,投后估值150亿美元。本轮融资将于近期交割;同时,比特大陆将于9月在港交所交表,并于年内在香港正式上市,预计市值300亿美元。

飞荣达拟3.23亿元控股两家5G企业,加速拓展5G领域

飞荣达8月5日晚公告称,公司拟以增资和股权收购方式获得润星泰51%股权,令拟现金收购博纬通信51%股权。两家公司产品分别是4G/5G基站壳体和基站天线。收购总额不超过3.23亿元。值得注意的是,交易对方还给出了业绩承诺,承诺博纬通信2018-2020年度实现的归母净利润分别不低于1200万元、2400万元和3600万元。

美国“健身领域的苹果”Peloton融资5.5亿美元

据外媒报道,被誉为“健身领域的苹果”的健身科技公司Peloton准备在F轮融资活动中融资5.5亿美元。此次融资活动由风投公司TCV领先投资,其他投资者主要是其现有的投资者,包括Kleiner Perkins、NBC环球等。此轮融资活动计划到今年第三季度完成。

8点1氪丨台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%;陈一舟称人人网会在Q4扭亏为盈;头条回应“悄悄”复活内涵段子

酷产品
印象笔记“独立”之后,发布了Evernote没有的功能

在8月3日的印象笔记六周年会上,印象笔记正式发布了新版APP,其中有Markdown、电脑端密码锁、Widget剪藏等功能,这些功能是专门为中国用户开发,并没在Evernote上实现。而为了获得更多流量,印象笔记还将与中国最大规模的育儿网站宝宝树展开合作。唐毅说到,目前正在和微信谈合作,将会依靠微信和小程序实现一些有意思的功能。

三星“J”系列发力胜小米1%,印度智能手机市场恢复两位数增长

据Counterpoint数据,在连续两个季度被小米压制之后,三星夺回了印度智能手机市场份额第一。印度智能手机市场在本季度恢复了两位数的增长,并可能全年保持两位数增长。业内人士称,三星的成功归功于其更新的“J”系列。围绕“J”系列的线下分销和积极的营销活动,助三星获得29%市场份额,超小米1%。

SpaceX龙飞船完成国际空间站货运任务,在太平洋降落

据NASA Spaceflight消息,SpaceX的龙飞船完成了又一次国际空间站任务,并于当地时间8月3日在太平洋上成功降落。此次龙飞船于6月29日发射,为国际空间站带去了2697公斤的大量物资。预计将花费两天时间将返回舱运至港口,卸下带回的物资后进行后续操作。

腾讯应用宝首发“亲子守护”功能,解决儿童使用手机三大痛点

据腾讯科技报道,8月4日,在第16届China Joy活动现场,腾讯应用宝“亲子守护Beta版”首次和公众见面。“亲子守护”是借助科技的手段,通过智能感应手机使用姿势、管理手机APP访问、限定手机使用时长等功能,从不同维度引导对孩子健康合理的地使用手机。

波音和马斯克明年启动商业载人航天,NASA指定首批宇航员

据澎湃新闻,美国当地时间8月3日,NASA公布了9名将搭乘波音公司的CST-100 Starliner载人航天器和SpaceX载人龙飞船往返国际空间站的宇航员。SpaceX预计今年底进行无人测试,2019年4月进行载人测试;波音预计今年底至明年初进行无人测试,明年中期进行载人测试。

沃尔玛测试杂货配送机器人,计划年底覆盖2000家门店

据雷锋网报道,美国时间8月3日,沃尔玛正在与初创公司Alert Innovation合作一个自动化系统。该系统将帮助员工收集和打包在线杂货订单。沃尔玛方面表示,大约95%的订单将在不到8分钟内完成,目前在1800家门店提供在线杂货配送服务,并计划在今年年底前扩展至2000家。

8点1氪丨台积电:电脑病毒事件将减少Q3营收3%;陈一舟称人人网会在Q4扭亏为盈;头条回应“悄悄”复活内涵段子

蓝色光标发布小蓝机器人家族产品,机器人会营销还能撰稿

36氪讯,8月4日,蓝色光标对外发布智能营销产品矩阵“小蓝机器人家族”,这是营销行业内首款智能自动化人机交互产品族。其中,idataBot营销数据平台、撰稿机器人妙笔、发布机器人生花、鲁班一站式电商营销平台、麦集客等产品均为首次亮相。

新版iOS信息显示苹果将推大屏幕iPhone X

据腾讯科技援引外媒报道,苹果最新发布的iOS 12测试版中出现一个图标,可能代表了尚未公布的尺寸更大的iPhone X。一名开发者在推特上曝料了这个发现。“我可能是幻觉。这些是iPhone X Plus、iPhone X和2018款iPad Pro的符号。”

区块链
突传利好,纽交所母公司 ICE 将上线数字资产交易管理平台

36氪获悉,纽约证券交易所(NYSE)的母公司洲际交易所集团(ICE)于 8 月 3 日晚间公布,其正在与微软共同筹备数字资产管理平台 Bakkt,并计划将此平台建设为全球性的加密货币生态系统。其运营的更多细节将在接下来几周内公布。

Bizkey宣布退出Fcoin币改试验区

据Bianews报道,Bizkey官方昨日表示,将“退出Fcoin币改试验区”,并表示“不上Fcoin”。据了解,Bizkey曾是Fcoin币改实验区的第一个公示项目。

Fomo3D quick版本存在交易异常 Fomo3D发出警告

据链财经报道,据安比(SECBIT)实验室,Fomo3d开发团队发出最新警告,提醒大家暂勿参与fomo3d quick版本,因为观察到在每轮快结束时交易有异常失败情况发生,具体原因正在调查中,初步怀疑有矿池矿工牵扯其中。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

大企業

台積電(TSMC):コンピュータウイルス事件によりQ3売上高3%減少

ブルームバーグによると、世界最大のチップメーカーである台積電は、最近勃発したコンピュータウイルスの侵入事件により、第3四半期の業績に打撃を受けたと語った。 同社は、出荷の遅れと追加コストを招くと予想している。また同社の第3四半期の売上高は約3%減少し、粗利益率は約100ポイント低下すると予想している。

雷軍(レイ・ジュン)董明珠約4ヶ月後の満期に賭ける、小米(シャオミ)は格力(グリー・エレクトリック)のメンバーに

証券日報によると、近日、小米の「米家互聯網空調」が正式に上場され、スマート化を打ち出し、空調市場に参入したのは3回目である。小米集団会長の雷軍と格力電器会長の董明珠の賭博期限は徐々に近づいており、両者はまた、他の分野での拡大を加速している。一連の事業を通じて、小米は独自の空調システムに「格力+長虹」メンバーを導入したことが報告されている。

陳一舟(ジェゼフ・チェン)氏:人人網(Renren.com)黒字、ソーシャルネットワーク製品開発を継続

8月5日午後、人人網創設者の陳一舟氏が『13年になりました!青春を記録した人人網を、あなたはまだ覚えていますか?』の表題記事に対し、ネット上で回答した。彼は人人網が新浪(シナ)や騰訊(テンセント)のようなソーシャルネットワークの巨人と「少なくとも3億ドルの現金を燃やす」ために戦っていると主張し、新たなビジネスの成長ポイントを見つけなければならないと表明した。しかし同社は第4四半期に黒字を実現し、ソーシャルネットワーク製品開発に純利益を投資するとともに、新旧ユーザーに教示するとした。

産業情報省 電気通信詐欺の是正措置を強化、6万1,000の違法な音声回線を閉鎖

新華社通信が工業情報化部より得た情報によると、情報産業省は、電気通信不正行為管理について、段階的な結果を得た。一日400万件以上の詐欺電話が累計で3億3,900万回、個人情報保護技術の8万件のソフトウェアストアのテストで、被害ユーザー数は36万9,000人で、直接的な経済的損失の11億2,000万元以上を挽回する。同省は、通信詐欺や総合管理の元を引き続き強化し、電気通信詐欺に対する修正力をさらに強化する。

阿里巴巴(アリババ) オンラインおよびオフラインの小売リソースを動員、第一回輸入博覧会で新しい小売を推進

上観新聞の報道によると、阿里巴巴は中国初の輸入博覧会にクラウドサービスを提供すると同時に、天猫(Tmall)、菜鳥網絡(Rookie Network)、盒馬、銀泰(インタイム)、百聯、大潤発(RT-Mart)などのエコサークル内企業の資源を動員し、博覧会進出の影響力を国家イベントセンターからリアルな小売店に伸ばし、輸入品と新しい小売店間の接続を実現する。

王石氏 華大集団共同議長への正式任命を発表

澎湃新聞によると、8月5日、華大基因の独立取締役を辞任した後、王石氏は華大ホールディングスの共同議長に正式に任命されたと発表した。8月4日夜、王氏は個人的に微博を公開し、人生の旅は危険にさらされている、華大の2018年の年次総会で、華大グループの取締役会の承認を得て、私は同グループの取締役会共同議長となった、と綴った。同グループは、王氏がグループの共同議長であり、不動産との関わりは一切ないと述べ、「一攫千金で、不動産商売を永遠にしないだろう」と述べた。

27のアニメ音楽ウェブサイトに名前、問題のプラットフォームは法的に調査

新華社通信によると、文化観光部は最近、オンラインアニメーションやオンライン音楽市場での一元的な法執行検査を組織し、実施するための特別な調査と処理作業を開始した。検査対象リストに含まれた27のウェブサイトには、哔哩哔哩(ビリビリ)、快看漫画、動漫之家、ACFUN(エーシーファン)などが含まれている。一部のオンライン音楽プラットフォームでは、問題のコンテンツに関連する部門が、様々な場所で文化市場を包括する法執行機関で法的に事件を調査するよう指導し、法的な行政処分を課す。

易尚(イーサン)と京東尚科 モデリング事業のための3D電子商取引の枠組み合意に至る

易尚展示(イーサンディスプレイ)は、今年6月に京東尚科と3D電子商取引の協力の枠組み合意に至ったことを5月5日に発表し、現在は3次元電子商取引スマートモデリングプロジェクトの協力契約を締結している。京東プラットフォームの3D電子商取引モデリング部門には、靴、帽子、バッグ、3C、時計宝石、家電の7つのカテゴリが選ばれている。

アップル 中国の通信事業者と協力、スパム減少対策を模索中

過去一週間、アップルはiMessageに関する迷惑メールや、App Store Chinaで許可されているギャンブルアプリケーションなど、国内の「点名批評」によって繰り返し批判されてきた。ロイター社によると、同社は中国電信を含む中国の通信事業者と協力して、機械学習モデルを使用してスパムメッセージと詐欺メール送信アカウントを特定し阻止するなど、キャリアサービスを通じて受信したスパム/メールメッセージを削減する対策を模索中だ。

中国速達 国際及び香港、マカオ、台湾における業務で上半期40%以上の増加

国家郵政局のデータによると、上半期の国際および台湾、香港、マカオの速達便は、前年同期比43.1%増であった。順豊速運(SFエクスプレス)の国際速達サービスは、米国、ヨーロッパ、ロシア、日本等を含む53の国と地域をカバーしている。京東物流のインドネシアにおける配送サービスは483都市をカバーしており、注文の85%は1日以内に配送可能だ。 圓通速逓(YTOエクスプレス)、中通快逓(ZTOエクスプレス)、菜鳥網絡(ルーキーネットワーク)等は、世界の主要都市をカバーする10日での配送サービスを実現する。

秘密コード埋め込み、共通データをコピー、中国人の「千人計画」専門家がFBIに逮捕される

新智元の報道によると、FBIはさらにもう一名の中国人を逮捕した。国家の「千人計画」の専門家であり、通用電気(ゼネラル・エレクトリック)のエンジニア鄭小清氏で、窃盗と動力タービンに関する技術機密を中国企業に提供した容疑で告訴されている。FBIは、鄭氏が39の同社の設計とフローチャートシートを暗号化してパッケージし、写真ファイルのコードを背面に埋め込み、普通の夕日の風景写真として偽装し、会社のサーバーよりコピーして、それらを私的なメールボックスに送った、としている。

グローバルIPアドレス分析レポート:阿里雲(アリババクラウド)世界第二のアクティブIP、最も速い成長率

藍鯨TMTによると、IPIP.netは8月4日に2018年上半期のグローバルIPアドレス分析レポートを発表した。アマゾンクラウドAWSは810万のアクティブIPアドレスで世界第一位となり、市場の41%を占めた。アリババクラウドは260万人に達し、市場の13.2%、Microsoftの8.73%を占めており、昨年下半期と比較して、同社のアクティブIPの増加率は世界第一位となり、グーグルとマイクロソフトが続いた。

ウーバー(Uber)東アジア撤退南アジア固守、ネパールにデータセンター建設予定

騰訊科技によると、米国のインターネット配車サービス大手ウーバーは、ロシア、中国、東南アジアから相次いで後退している。また、大手株主ソフトバンクグループもウーバーをインド市場から撤退させる準備を進めていると報じた。しかし最新ニュースによると、ウーバーはインドを含む南アジア市場を支援するため、南アジアのネパールにデータセンター建設の準備中だ。コスト要因と今後のネパール市場への参入が、撤退決定の理由となっている。

株式評価額288.5億元、北汽新能源エネルギーまもなく裏口上場

中国経営報によると、北汽新能源は8月8日に裏口上場を完了する予定だ。株式移転手続と関連する工業および商業登記手続きは完了している。そのうち、同社の株式100%の見積評価額は288.5億元であり、全て前鋒股份に名義変更された。前鋒股份も北汽集団への資産譲渡義務を履行し、その見積評価額は1.87億元であった。

頭条(Toutiao)「悄悄」に内涵段子復活を回答:軽いユーモアに焦点を当てた新製品 皮皮蝦

過去の三声の報道によると、頭条と「悄悄」は内涵段子を復活させ、新しくリリースされたアプリ皮皮蝦を笑神評論コミュニティーとし、画像から機能に至るまで内涵段子に似せ、アカウントとデータも同様に復活させ、今日頭条と抖音の広告プッシュを獲得できる。皮皮蝦の運営会社と今日頭条の親会社である字節跳動(ByteDance)には同様に連携関係がある。この点について今日頭条は「皮皮蝦は弊社が創り出した軽いユーモアに焦点を当てら新製品で、製品を通じて喜びを発信し、誰にでも楽しい生活を共有していただきたい、というのが主な願いだ」と回答した。

前四半期50億ドルは自動運転とナビの分野に斬り込む、過去4年間の合計以上

ブルームバーグNEFの統計によると、今年第2四半期の無人運転自動車企業の民間市場投資額は過去4年間の合計を上回って上昇した。2017年末までの4年間で、コネクティッドカーや自動走行技術の関連企業は総額44億ドルの投資を受けた。一方、今年の第1四半期の投資額はわずか1億9700万ドルであり、今年の第2四半期には、総投資額は50億ドルに達し、主に孫正義氏の巨額のビジョンファンドによるものである。

阿里(アリ)法人変更について真相説明:グループ傘下のB2Bビジネス会社が法人を更新

数日前、阿里巴巴網絡技術有限公司の法定代理人がCEO張勇(ダニエル・チャン)氏ではなく、阿里巴巴創設者の一人である戴珊氏に変更したとの情報を、36Krが入手した。この点に関して、阿里巴巴集団CEOである顔喬は、このニュースは誤りであり、グループ法人が変更したわけではなく、変更された法人が阿里巴巴集団傘下のB2Bビジネス請負企業で、戴珊氏がB2Bビジネスの社長であると語った。

饿了么(eleme.com)株式の変更が完了:張旭豪氏の職位変更なし、法人代表は王磊氏に変更

8月2日、饿了么は株式情報を更新した。同社の小切手によると、元株主鄧高潮氏、張旭豪氏、王元氏、康嘉氏等を退陣させ、新株主を杭州阿里巴巴(アリババ)創業投資管理有限公司とし、饿了么法定代理人はを張旭豪氏より王磊氏に変更した。張氏は現在も同社会長であり、阿里巴巴集団のCEO張勇(ダニエル・チャン)氏の新小売戦略の特別補佐官も兼任している。

投資と資金調達

新薬発見と分子診断にCRISPR技術を使用、「克睿基因」Aラウンドで1,700万ドルの資金調達を受ける

36Krの情報によると、バイオテクノロジー企業克睿基因が1,700万ドルのAラウンド資金調達を完了し、リード・インベスターは啓明創投、清松資本、盛鼎投資Qingsong Capitalが共同出資者である。本資金調達は、主に技術プラットフォームの改善、生産R&Dセンターの建設、新薬プロジェクトのIND宣言の推進、製品ラインの拡大に使用される。

比特大陸(ビットメイン)Pre-IPOラウンド署名を完了、騰訊(テンセント)、ソフトバンク、中美(CICC)が投資参加、評価額は150億ドル

IPOが独占入手した情報によると、比特大陸は正式にPre-IPOラウンド署名を完了、投資家は騰訊、ソフトバンク、中美などで、現在の資金調達額は10億ドル、投資前評価額は140億ドル、投資後評価額は150億ドルである。 本資金調達はまもなく決済され、同時に同社は9月に香港証券取引所に譲渡、年内に香港に正式に上場され、時価総額300億米ドルが見込まれる。

飛栄達(FRDサイエンス)3億2,300万元を投じ二社の5G企業持株会社に、5G分野拡大を加速

飛栄達は8月5日夜、潤星泰の株式51%を資本増強および株式取得により取得し、博緯通信の株式51%を取得する予定であると発表した。両社の製品は、それぞれ4G / 5G基地局筐体と基地局アンテナである。買収総額は3億2,300万元を超えない。取引先もパフォーマンスコミットメントを出し、博緯通信の純利益について、2018〜2020年度でそれぞれ1,200万元、2,400万元、3,600万元を下らないと約束したことは注目に値する。

米「フィットネス界のアップル」ペロトン(Peloton)が5.5億ドルを調達

外国メディアの報道によると、「フィットネス界のアップル」として知られるフィットネス技術会社、ペロトンは、Fラウンド資金調達活動で5.5億ドルを調達する準備を進めている。 本資金調達活動はベンチャーキャピタルのTCVがリード投資し、その他のメイン投資家として、クライナー・パーキンス(Kleiner Perkins)やNBC ユニバーサルなどの既存投資家が挙げられる。本活動計画は、今年の第3四半期に完了する予定である。

人気製品

Evernote(エバーノート)「独立」後、Evernoteにはない機能がリリース

Evernoteは、8月3日のEvernote 6周年セレモニーで、Markdown、コンピュータ端末パスワードロック、ウィジェットカットなどの機能を含む新バージョンアプリを正式発表した。本機能は中国ユーザー向けに開発され、Evernoteでは実現していない。またより多くのトラフィックを得るために、同社は中国最大の育児サイトである宝宝樹(Baby Tree)と協力する。唐毅氏は現在、微信と業務提携について協議しており、興味深い機能の実現のためにWeChatやミニアプリに依存すると語っている。

三星(サムスン) Jシリーズが小米(シャオミ)の1%を獲得、印スマートフォン市場が2桁成長を回復

Counterpointのデータによると、小米が2四半期連続で抑制された後、三星はインドのスマートフォン市場でトップの座を奪還した。インドのスマートフォン市場は、第2四半期中に2桁台の成長を回復し、年間を通じて2桁成長を維持する可能性が高い。業界関係者によると、三星の成功は更新された Jシリーズに起因する。Jシリーズのオフライン配信およびアクティブマーケティング活動に関係し、同社は29%の市場シェアを達成し、小米を1%超えた。

SpaceX Dragon 国際宇宙ステーション貨物ミッションを完了 太平洋に上陸

NASA Spaceflightによると、SpaceX Dragonは、再び国際宇宙ステーションの任務を完了し、現地時間8月3日に太平洋に上陸した。今回6月29日に発射され、国際宇宙ステーションに2,697キログラムの大量の物資が持ち込まれた。帰還カプセルを港に輸送し、持ち帰った物資を積み下ろし、その後操作を続けるには2日かかると見込んでいる。


騰訊(テンセント)応用宝 「親子守護」機能を初リリース、子供の携帯使用における三大トラブルを解決

騰訊科技によると、8月4日、第16回China Joyイベントで、騰訊応用宝の「親子守護」 が初公開された。本機能は、サイエンステクノロジーを利用したツールで、スマートフォン使用時の姿勢、モバイルアプリへのアクセス管理、携帯電話使用時間制限など、さまざまなアプローチで子供の健康で合理的な方法を引き出している。

ボーイングとマスク氏 来年商業有人宇宙飛行を開始、NASAは最初の宇宙飛行士を指名

澎湃の報道によると、NASAは米国現地時間8月3日に、ボーイングCST-100 Starliner有人宇宙船とSpaceX有人宇宙船を国際宇宙ステーションに出入りさせる9人の宇宙飛行士を発表した。SpaceXは、年末までに無人試験を実施し、2019年4月に有人試験を実施する予定で、ボーイング社は今年末から来年初めに無人試験を実施し、来年中期に有人試験を予定している。

ウォルマート 食料品流通ロボットをテスト、年末に2,000店をカバーする計画

雷鋒によると、米国時間8月3日にウォルマートは、自動化システムに関する新興企業Alert Innovationと協力している。本システムは、従業員がオンライン食料品の注文を収集しパッケージ化するのに役立つ。同社は、注文の約95%が8分未満で完了し、オンライン食料品流通サービスは現在1,800店舗で利用可能であり、今年末までに2,000店舗に拡大する計画だとした。

藍色光標(ブルーフォーカス)小藍机器人家族をリリース、マーケティングとライティングが可能

36Krによると、8月4日、藍色光標はスマートマーケティング製品マトリックス「小藍机器人家族」をリリースした。本製品はマーケティング業界初のスマートオートマンマシン相互機能製品ファミリーとなる。その中で、idataBotのマーケティングデータプラットフォーム、ロボットの優れた文章の寄稿、ロボットの才筆の発行、Lubanワンストップ電子商取引のプラットフォーム、Maijike等の製品がデビューしている。

iOS情報の新バージョン、アップル大画面のiPhone Xをリリース

外国メディアの報道によると、アップルは最近新しくリリースしたiOS 12ベータ版で画像を引用し、未公開のより大きなサイズのiPhone Xを代表する可能性がある。ある開発者はTwitterでこのことにつき、「幻想かもしれないが、これらはiPhone X Plus、iPhone X、2018 iPad Proのシンボルだ」と明かした。

ブロックチェーン

シャープな成功、NYSEの親会社ICE オンラインデジタル資産取引管理プラットフォームをリリース

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ・グループ(ICE)が8月3日夕方、マイクロソフトと提携し、デジタル資産管理プラットフォームBakktの準備を進めており、グローバルな暗号通貨のエコシステムに構築する計画だと、36Krが報じた。今後数週間以内にその運営の詳細が発表される見通しだ。

ビズキー(Bizkey) Fcoin通貨テストエリアからの撤退を発表

ビズキー関係者は今日、「Fcoin通貨テスト区域から退出する」を「Fcoinをオンラインしない」と表示すると発表した。同社にとってFcoin通貨テスト区域の最初の広報プロジェクトであったと把握している。

Fomo3Dクイックバージョン トランザクション異常でFomo3Dが警告を出す

SECBITの研究室によると、Fomo3d開発チームは、各ラウンドにてクイック終了時に異常エラーが観察されたため、fomo3dクイックバージョンに参加しないよう、最新の警告を出した。具体的な原因については現在調査中である。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録