卸売商社大手「あらた」、中国の日用消費財プロバイダーと資本提携へ、チャネル拡大目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

卸売商社大手「あらた」、中国の日用消費財プロバイダーと資本提携へ、チャネル拡大目指す

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

1月29日、化粧品・日用品における日本最大級の卸商社「あらた」と中国で日用品を製造販売する「広州衆上投資控股集団(Guangzhou Zhong Shang Investment Holding Group)」(以下「衆上集団」)が資本提携で合意した。今後、衆上集団はあらたのバックアップのもと「美容、ホームクリーニング、パーソナルケア、健康、ペット、食品」の6分野で、原料の研究開発から販売までの全工程におけるチャネルを開拓していきたいとしている。

衆上集団は中国で日用消費財の研究開発、生産、倉庫保管・配送、代理店、ODM(相手先ブランドによる開発・生産)、eコマース、小売運営管理、ライセンス販売などを手がける総合プロバイダーで、3つの自社工場を持つ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録