リモートアクセスのスタートアップ、テンセントなどから約42億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

リモートアクセスのスタートアップ、テンセントなどから約42億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国最先端のSaaSリモートアクセスソリューションを提供する「貝鋭科技(Oray)」が、4000万ドル(約42億円)を調達した。リード・インベスターは「高瓴創投(GL Ventures)」、コ・インベスターはテンセントと既存株主の「高成資本(Gaocheng Capital)」。貝鋭科技は2020年7月にも資金を調達した。

同社は2006年に設立され、SNP(SaaS、NaaS、PaaS)に基づくモデルを確立しており、製品にはリモートコントロールの「向日葵(ヒマワリ)」、リモートアクセス「花生殻(ピーナッツシェル)」、リモートネットワーク「蒲公英(タンポポ)」などのシリーズがある。企業および個人ユーザー向けに、人と機器、機器と機器、ネットワークとネットワーク間の相互接続サービスを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録