長城汽車系自動運転企業:プレシリーズAで美団などから数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

長城汽車系自動運転企業:プレシリーズAで美団などから数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転技術企業の「毫末智行科技有限公司(Haomo Intelligent Mobility Technology.)」は、このほどプレシリーズAで数億元(数十億円)を調達したことを明らかにした。リード・インベスターは「首鋼基金(Shougang Fund)」、コ・インベスターは生活関連サービス大手の「美団(Meituan)」と「高瓴創投(GL Ventures)」。本シリーズを主導した首鋼基金は過去3回連続で、ナスダック上場のEVメーカー「理想汽車(Li Auto)」への投資実績がある。

2019年11月に設立された毫末智行は、レベル1からレベル5の自動運転システムをカバーする開発プロジェクトを進めている。 前身は中国自動車大手「長城汽車(Great Wall Motor)」のスマートドライビング部門で、コアチームのメンバーは長城汽車出身者と、インターネットやAIの専門家により構成され、現在400人近くの社員を抱える。

創業メンバーの多くがインターネット技術企業出資者である他の自動運転開発企業と比べ、毫末智行は長城汽車との関係から、従来の自動車業界における産業チェーンの繋がりや品質管理、コスト管理などの強みを併せ持つのが特徴だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録