多次元表計算ソフト「vika維格」 プレシリーズAとA+で10億円超を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

多次元表計算ソフト「vika維格」 プレシリーズAとA+で10億円超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ソフトウェアの基盤技術を研究開発する「深圳維格智数科技有限公司(vika.cn、以下『vika維格』という)」が、2020年末に相次いでプレシリーズAとプレシリーズA+の資金調達を行い、その総額は1000万ドル(約10億円)を超えた。

プレシリーズAのリードインベスターは「靖亜資本(Eminence Ventures)」、コ・インベスターは「五源資本(5Y Capital、旧名『晨興資本』)」、プレシリーズA+のリードインベスターは、「高瓴創投(GL Ventures)」、コ・インベスターは上述の靖亜資本と五源資本である。

vika維格は2019年末に設立された。同社は革新的な基盤ソフトウェア技術に注力する多次元表計算ソフトのパイオニアであり、主力製品は次世代の企業データコラボレーションツール、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)向けのスマート表計算ソフト「維格表vika.cn」だ。クローズドベータ版は2020年4月、オープンベータ版は同年10月にそれぞれローンチされており、製品版は2021年3月にローンチされる予定だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録