ラッキンコーヒー、時価総額が一晩で760億円以上急騰 PEで270億円調達見込みの報受け

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ラッキンコーヒー、時価総額が一晩で760億円以上急騰 PEで270億円調達見込みの報受け

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月16日、中国の新興コーヒーチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸咖啡)」が公式サイトで、主要な債権者らとデット・リストラクチャリング(債務の整理および再編)や資本構造の強化で合意に達し、近い将来、その合意内容で債務を履行すると発表した。同公告では、同社が複数のチャネルで積極的に資金調達を進めており、プライベートエクイティ(PE)を通じて少なくとも2億5000万ドル(約270億円)を調達する見込みであるとも述べている。

これを受け、米国のラッキンコーヒー株は非上場株式や債券に関する気配を表示する電子システムであるピンクシートで49%以上値を上げ、時価総額は一晩で7億ドル(約760億円)以上急騰した。

従業員による取引データ改ざんのため、ラッキンコーヒーは昨年5月にナスダックから通達を受け、上場廃止を余儀なくされた。その後年末、ラッキンコーヒーは罰金1億8000万ドル(約190億円)の支払いに同意し、米証券取引委員会(SEC)と和解。中国概念株史上最高額の罰金支払いを受け、SECは粉飾決算の告発を取り下げた。

現在、ラッキンコーヒーは中国各地で通常営業を続けており、今年春節期間の売上高は、昨年同期のほぼ7倍となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録