物流スタートアップ「Duckbill」:シンガポール政府系ファンドなどから約54億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

物流スタートアップ「Duckbill」:シンガポール政府系ファンドなどから約54億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アジアテック系メディア「Tech in Asia」の報道によると、コンテナ輸送サービスを手掛ける中国の物流スタートアップ「鴨嘴獣(Duckbill)」が、5000万ドル(約54億円)を調達した。

リード・インベスターはシンガポールの政府系投資会社「テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)」、コ・インベスターはテマセク傘下の「蘭亭投資(Pavilion Capital)」。このほか、「明勢資本(Future Capital)」「順為資本(Shunwei Capital)」「拙朴投資(Zhuopu Capital)」などを含む多数の既存株主も出資した。 

2017年の創業から現在までに鴨嘴獣が調達した資金の累計額は1億ドル(約108億円)にせまり、コンテナ輸送市場において資金調達ペースが最も早く、かつ累計調達額が最も多い企業となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録