オンライン古酒取引「麦麦酒市」、スポーツポータル「虎撲」から戦略出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

オンライン古酒取引「麦麦酒市」、スポーツポータル「虎撲」から戦略出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

古酒(長期熟成酒)を専門に取引するECプラットフォーム「麦麦酒市(Maimai Jiushi)」が、このほどスポーツコンテンツおよびSNSプラットフォームを運営する「虎撲(HUPU Sports Media)」から数千万元(数億円)クラスの戦略的出資を受けた。

今後、麦麦酒市は、虎撲が出資するオンラインファッションソーシャルアプリ「得物(POIZON)」と提携し、技術や製品、サプライチェーンなどで得物の持つ豊富な経験値を活かす。

従来古酒市場は、「価格変動が激しい」「真贋の見分けがつかない」という2つの大きな問題を抱えていた。 2019年に設立された麦麦酒市は、2020年初めに正式にアプリをリリースすると、BtoCのビジネスモデルで小規模販売店と購入者を結びつけるだけでなく、専門的な鑑定と価格設定ルールによって市場のペインポイントを解決し、取引リスクの軽減に貢献した。顧客の平均単価は1000元(約1万6000円)以上となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録