美術を取り入れた知育玩具メーカー、シリーズAで約11億円を調達 百度共同創業者も注目

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

美術を取り入れた知育玩具メーカー、シリーズAで約11億円を調達 百度共同創業者も注目

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

知育玩具ブランド「百思童年(BRAVOKIDS)」がシリーズAで7000万元(約11億円)を調達した。リード・インベスターは「経緯中国(Matrixpartners China)」と「挑戦者資本(Challengers Capital)」、コ・インベスターはバイドゥ共同創業者の徐勇(Eric Xu)氏。 徐氏は2018年6月のエンジェルラウンドでも同社に1000万元(約1億6000万円)を投資している。

2017年に設立された百思童年は「知育×美術」をブランドコンセプトに掲げ、中国および海外の早期教育や子どもの成長理念を製品に取り入れ、0〜8歳の子どもを対象に、成長段階に合わせた知育玩具を提供している。教育玩具と啓蒙教育の2つの製品ラインがあり、単価は平均200元(約3300円)ほど。取扱商品数はSKUで700以上、そのうち200以上は完全オリジナルだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録