電動シェアサイクル、今年中に米国でIPO、3億ドル調達の見込み

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

電動シェアサイクル、今年中に米国でIPO、3億ドル調達の見込み

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国で電動シェアサイクルサービスを展開する「松果出行」が、今年中に米国で上場する予定で、IPO手続のため既にモルガン・スタンレーなどの投資銀行を選定したという。資金調達規模は3億ドル(約329億円)となる見込みだ。これまでのところ、この件について松果出行からの回答はない。

松果出行は2017年8月15日に設立された。 2018年にエンジェルラウンドで「険峰長青(K2VC)」から資金を調達して以降、資金調達についての情報は公表されてこなかった。創業者の翟光龍氏は生活関連サービス大手「美団(Meituan)」創業メンバーの一人だ。

松果出行は地方のモビリティ市場に焦点を当てており、2020年12月末時点で、中国全土24省の1000近くの県城(県政府所在地)や県級市(中国の行政区分で県と同等の市)にサービスを展開。5000万人近くのユーザーを擁し、1日あたりの利用件数は300万台を超える。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録