短信

テスラ 21年1Qの世界販売台数は18万4800台 中国がメイン市場に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

テスラ(Tesla)が4月2日、2021年第1四半期の世界における新車の生産台数と販売台数を発表した。当期間中の生産台数は計18万338台。販売台数は18万4800台と、2020年第4四半期の記録を上回っただけでなく、市場予測をも上回った。

中国は徐々にテスラの主力市場となりつつあり、同国の自動車業界団体「中国乗用車市場信息聯席会(CPCA)」のデータによると、EVセダン「Model 3」とミッドサイズSUV「Model Y」の中国産モデルは2月にそれぞれ1万3688台、4630台を販売。同月における新エネルギー車の販売台数ランキングで2位と3位につけた。

テスラは2020年に約50万台を販売しているが、イーロン・マスクCEOは以前、純電気自動車(BEV)の生産台数を2030年までにその40倍にあたる2000万台に引き上げると発言している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録