短信

新薬候補は10個以上 AI創薬スタートアップの「Accutar Bio」が数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AIを活用して新薬の研究開発を行う「Accutar Biotechnology(氷洲石生物科技)」(以下、「Accutar Bio」)が、数千万ドル(数十億円)を調達した。出資者は「雲鋒基金(YF Capital)」、「コーチュー・マネジメント(Coatue Management)」、「3W Healthcare Fund」。Accutar Bioは以前にも「IDGキャピタル」、「依図科技(YITU)」、「真格基金(Zhen Fund)」などから幾度か資金調達を行っている。現在の筆頭株主はIDGキャピタルだ。

Accutar Bioは2015年に設立された。従来の生物・化学実験に代わり、深層学習と物理学に基づき、膨大なデータによる訓練を通して得られた計算モデルを活用することで、革新的新薬の創出を加速させている。米国と上海にAIコンピューティング、生物、分子構造学、化学の研究施設を置く。現在、同社はバイオ新薬の製品パイプラインを10個以上有し、「ファースト・イン・クラス(画期的医薬品)」や他の既存薬に対して明確な優位性を持つ「ベスト・イン・クラス」の創出を目指す。

Accutar Bioを創業した範捷氏は、2004年に米カリフォルニア大学バークレー校で生物統計学の修士号を取得。2010年に米国有数のがん研究施設「メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター」で博士号を取得した後、ロックフェラー大学で博士研究員(ポスドク)として研究活動に従事していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録