短信

アリババ出資のシェアサイクル「哈囉出行(Hello Global)」、ナスダック上場へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババが出資した自転車シェアリング最大手の「哈囉出行(Hello Global)」が4月24日、米国ナスダックに上場すべく、IPO目論見書を提出した。推薦人となる主幹事証券会社はクレディ・スイス、モルガン・スタンレー、「中金公司(CICC)」。IPO前の筆頭株主はアリババ系列の「アント・グループ」で、持ち株比率は36.3%だ。

同社は上海で2016年9月に設立された。当初は自転車シェアリング事業としてスタートし、現在はモビリティや生活関連のサービスも提供している。2020年末時点で、哈囉の自転車シェアリングは300以上の都市で展開されている。

目論見書によると、哈囉の売上高は2018年が21億1400万元(約350億円)、2019年が48億2300万元(約800億円)、2020年は60億4400万元(約1000億円)で、売上総利益はそれぞれ11億4700万元(約190億円)、4億1900万元(約69億5000万円)、7億1500万元(約118億円)となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録