バイドゥのレベル4自動運転テスト、走行距離が1000万km突破 量産ピークは2021年下半期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイドゥのレベル4自動運転テスト、走行距離が1000万km突破 量産ピークは2021年下半期

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月19日、IT大手バイドゥ(百度)の自動運転開発オープンプラットフォーム「Apollo」がインテリジェント自動車ソリューションを披露し、その中でインテリジェントドライビングとインテリジェントクラウドソリューションのアップグレードが発表された。インテリジェントクラウド製品は自動車メーカーによるインテリジェント化機能の迅速な構築を支援し、これまで最低でも7年を要していた自動運転の研究開発サイクルを6ヵ月に短縮した。

バイドゥグループ副総裁兼インテリジェントドライビンググループ(IDG)ゼネラルマネージャーの李震宇氏によると、バイドゥのレベル4自動運転テスト走行の累計走行距離は1000万kmを突破し、北京、上海、広州の3都市でレベル4自動運転技術を搭載した量産モデルによる自動運転体験の提供を開始した。

Apolloのインテリジェントドライビングは、2021年中に20都市の市街地道路と高速道路を、2023年までに100都市をカバーする計画だ。李震宇氏はまた、2021年下半期にApolloの自動運転車が量産のピークを迎え、Apolloの自動運転技術が搭載された車は毎月1つの新モデルが発売されるだろうとも述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録