短信

家電大手「美的集団」決算発表、21年1Q売上高は前年同期比42%増の1.4兆円

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国家電メーカー「美的集団(Midea Group)」が、2020年の年次報告書および2021年第1四半期の四半期報告書を発表した。

2020年の売上高は前年比2.27%増の2857億1000万元(約4兆8200億円)で、親会社に帰属する純利益は前年比12.44%増の272億2300万元(約4590億円)だった。同社の海外自社ブランドの販売額は前年より32%増加した。第1四半期の売上高は前年同期比42%増の830億元(約1兆4000億円)で、親会社に帰属する純利益は前年同期比35%増の65億元(約1090億円)だった。

美的は今後、五大事業部門(電気機械製品、スマートホーム、HVACおよびビルディングサービス、ロボティクスおよびオートメーション、デジタルイノベーション)を通して多角的産業の規模を拡大していくとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録