売上高前年同期比で7倍超、納車台数も過去最高 新興EV「小鵬汽車」21年1Q決算

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

売上高前年同期比で7倍超、納車台数も過去最高 新興EV「小鵬汽車」21年1Q決算

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新興EVメーカー「小鵬汽車(Xpeng、シャオペン)」が5月13日、2021年第1四半期の財務報告書(未監査)を発表した。納車(販売)台数、売上高ともに過去最高を記録し、売上総利益率は引き続き改善。手元資金も十分だ。

小鵬汽車は第1四半期に前年同期比487.4%増の1万3340台を納車した。同社の販売・サービスネットワークは3月31日時点で中国全土の70都市をカバーし、スーパー充電ステーションは60都市172カ所で運営されている。

総売上高は前年同期比616.1%増の4億5000万ドル(約492億円)で、そのうち、自動車販売による売上高は同比655.2%増の4億2900万ドル(約469億円)。売上総利益率は11.2%と前年同期のマイナス4.8%から大幅に改善し、前四半期の7.4%と比較してもなお改善が見られる。

同社が保有する現金、現金同等物、定期預金などは3月31日時点で合計55億2500万ドル(約6040億円)と、手元資金も十分だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録