動画配信大手「愛奇芸」:営業損失率29→13%に縮小、サブスク会員数1億530万人 21年1-3月期

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

動画配信大手「愛奇芸」:営業損失率29→13%に縮小、サブスク会員数1億530万人 21年1-3月期

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月18日、「中国版Netflix」と呼ばれる動画配信プラットフォーム「愛奇芸(iQiyi)」が2021年第1四半期(2021年1月1日~3月31日)の財務報告書を発表した。

報告書によると、2021年第1四半期、愛奇芸の会員サービスによる売上高は前年同期比7%減の43億元(約728億円)、3月末時点のサブスクリプション会員数は1億530万人だった。コンテンツに充てたコストは前年同期比8%減の54億元(約915億円)、営業損失は10億元(約169億円)となり、営業損失率は2020年同期の29%から13%へ縮小した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録