中国シェアサイクル大手ofoが数億ドル調達、アントフィナンシャルと滴滴が出資

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事投資

中国シェアサイクル大手ofoが数億ドル調達、アントフィナンシャルと滴滴が出資

36氪独家 | ofo居然融资了,而且是阿里和滴滴联合投资它

36氪从关键知情人士了解到ofo将完成E2-2轮融资,融资数额达数亿美金。该轮融资由蚂蚁金服领投,滴滴跟投。对此,ofo官方表示不予置评,滴滴和阿里表示不予回应。

ofo上一轮融资还是在今年3月,通过股权与债券并行的方式获得了阿里 8.66 亿美元的E2-1轮融资,内部高管曾在接受36氪专访时称E2-2轮融资很快就会落地,但是一直到今年9月初,ofo都没有新的融资入账。反而卖身滴滴和阿里的消息则不断传出,而联合创始人于信也数次在朋友圈里喊话辟谣,称公司会保持独立发展。

続きを読む
コメントを見る

中国のシェアサイクル大手ofoが、近く数億ドルを調達することが5日、36Krの取材で明らかになった。関係者によると、出資元はアリババグループ傘下のアントフィナンシャル(螞蟻金服)と、中国ライドシェア最大手の滴滴出行(Didi Chuxing)。

ofo、アントフィナンシャル、滴滴はこの件に関してコメントしていない。

ofoは2018年3月、アリババを中心に8億6600万ドル(960億円)の出資を受けた。その後、ofoの内部関係者が36Krの取材に対し「近いうちに再度の調達が行われる」としていた。

8月にはofoと滴滴との合併交渉がまとまったとも伝えられていたが、ofo共同創業者の1人、於信氏はSNS上でこれを否定している。また、中国の一部メディアは滴滴の大株主でもあるアリババが滴滴との方向性の違いで同意せず、合併は一時棚上げになったと伝えていた。
(翻訳:愛玉)

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More