病院DX支援の「森億智能」、シリーズEで約85億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

病院DX支援の「森億智能」、シリーズEで約85億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

病院のデジタル化を支援する「森億智能(森億医療科技/Synyi Medical Technology)」が、シリーズEで5億元(約85億円)を調達した。リード・インベスターは「IDGキャピタル」。同社は昨年末に、「中国国際金融(CICC)」傘下の「中金甲子基金(CICC ALPHA)」がリードし、テンセント(騰訊)なども参加したシリーズDで、4億元(約68億円)を調達している。

2016年に設立された森億智能は、医療機関への専門的で効率性に優れたデータ化・スマート化ソリューションの提供に注力している。今年のCHINC(Chinese Hospital Information Network Conference)で森億智能が発表したスマートホスピタルソリューション「SYNERGY」は、病院のスマート化、相互接続、電子カルテ評価などをサポートする。

現在、中国全土150以上の3級病院(中国の病院は等級別に分類・管理され、その最高ランクに位置づけされる総合病院)が同社のサービスを利用している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録