中国の5Gネットユーザー1.6億超 世界の9割近くに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国の5Gネットユーザー1.6億超 世界の9割近くに

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京7月20日】中国インターネット協会主催の2021中国インターネット会議が13日から15日まで北京で開かれている。会議で発表された「中国インターネット発展報告(2021)」によると、昨年、中国のインターネットは急発展し、ユーザーの規模が着実に増えた。昨年末時点で第5世代移動通信システム(5G)ネットワーク・ユーザーは1億6千万人を超え、世界の約89%を占めた。

報告によると、中国はネットユーザーが昨年末9億8900万人に、インターネット普及率が70.4%に達した。

中国は世界最大の光ファイバーネットワークと、4Gと5Gのそれぞれ基地局を単独で動作させるスタンドアローン方式のネットワークを完成させた。現在、5G基地局は91万6千となり、世界の70%を占めている。今後、中国は5G、ビッグデータ、基本ソフト、工業ソフト、人工知能(AI)など基本コア技術のサポートと投入を強化し、産業基盤の高度化と産業チェーンの近代化を推進し、産業発展の基礎を一段と固めるとしている。

中国インターネット協会の何桂立副理事長は次のように説明した。昨年、中国のビッグデータ産業規模は前年比16%増の718億7千万元(1元=約17円)で、伸び率が世界のビッグデータ市場をリード。AI産業規模は3031億元で、前年に比べ15%増えた。IoT(モノのインターネット)の産業規模は1兆7千億元を超えた。

またクラウドコンピューティングが新インフラ建設の重要部分となり、近年、基幹技術でブレークスルーが相次ぎ、産業エコロジーがますます盛んになっている。昨年、中国のクラウドコンピューティング市場が急拡大し、市場規模が1781億元に達し、伸び率が33%を超えた。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録