新鋭インナーブランド「Bananain」が76億円調達 設立5年で評価額2000億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

新鋭インナーブランド「Bananain」が76億円調達 設立5年で評価額2000億円超

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

複数の情報筋によると、高機能インナー「Bananain(蕉内)」を研究開発する「三立人科技」が、新たに「老虎環球基金(Tiger Global Management)」から7000万ドル(76億7000万円)を調達した。調達後の評価額は20億ドル(約2190億円)に達するという。

同社は昨年11月、シリーズAで「元生資本(Genesis Capital)」から数億元(数十億円)を調達し、評価額は25億元(当時約400億円)に達したが、それから1年足らずで約5倍に成長した。

Bananainは臧崇羽氏と李沢辰氏が共同で2016年に立ち上げたブランド。テクノロジーとデザインを両輪に「体感テクノロジーカンパニー」と位置づける。2017年初頭に製品をリリースして以来、売上高は3年連続で100%以上の成長を遂げてきた。2020年の売上高は10億元(約169億円)を超えたという情報もある。

中国では新しい消費スタイルの拡大に伴い、Bananainのほか「Ubras」、「NEIWAI(内外)」といった新鋭インナーブランドがわずか数年で急成長し、トップブランドへと躍り出ている。

ノンワイヤーブラ人気沸騰。ステイホームで快適さ重視

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録