上海市、スマートごみ収集運搬システムを構築

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

上海市、スマートごみ収集運搬システムを構築

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

上海市浦東区では、メガシティのための革新的なスマートガバナンスシステムが構築されている。

浦東区では生活ゴミ排出者、ごみ収集運搬企業、集積所およびその運営企業、最終処理場など監督管理対象に、企業や従業員の情報を含む全ての情報をデータベースに収め、その後、34のガバナンス要素を都市、経済、社会統治の面から整理した。

浦東区内36町村のごみ捨て場3718カ所にウェブカメラが設置され、ビデオ監視は全てのごみ集積場と最終処理場をカバー、条件の備わった小規模圧縮ステーションには計量システムが、可燃ごみと生ごみの運搬車両には車載計量システムおよびGPSトラッカーが設置され、スマートモニタリングやデータ集計を通じて、生活ごみの排出源から、収集運搬、中継輸送、処理まで全プロセスの監視を実現している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録