子ども服D2Cブランド「PatPat」、ソフトバンクGから約175億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

子ども服D2Cブランド「PatPat」、ソフトバンクGから約175億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界中で人気を集める子供服専門D2C(Direct to Consumer)ブランド「PatPat(パットパット)」が8月17日、シリーズD2でソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SVF2)から1億6000万ドル(約175億円)を調達したと発表した。本ラウンドは、同社が7月にシリーズCとシリーズDで計5億1000万ドル(約560億円)を調達してから、わずか1ヵ月での資金調達となった。

PatPatは2014年に設立されたブランドで、ユーザーはすでに100以上の国と地域に広がっている。中国国内では深圳、広州、杭州、仏山にオフィスを構え、国外では米国のサンフランシスコとロサンゼルス、アイルランドのダブリン、フィリピンのマニラ、英国のロンドンなどに事業拠点を置いている。同社の説明によると、PatPatは現時点で世界最大かつ最も急速に成長している子供服専門のD2Cブランドだ。

世界最大の子ども服D2Cブランド「PatPat」、560億円調達で海外展開加速 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録