中国学習塾大手「巨人教育」、経営難により倒産を発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国学習塾大手「巨人教育」、経営難により倒産を発表

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

27年の歴史を持つ学習塾大手「陽光巨人教育科技(Juren Education)」(以下、「巨人教育」)は、8月31日に出した公告の中で、経営難により秋季の教育サービスを受講者に提供できなくなったと発表した。さまざまな理由により、支払済みの学費の返還すべてに応じることはできないという。

同社は、保護者に与える損害を軽減するため、未消化の学費を教育サービスプラットフォーム「高思教育(Gaosi Education)」、子供向けプログラミング教育サービスの「童程童美」や「核桃編程(Hetao101)」などでの受講に振り替えられるかもしれないと述べている。

巨人教育は1994年7月18日に創立され、学習塾から大規模な総合教育グループへと発展した。5歳から18歳の児童・青少年を対象とした教育製品を開発し、北京では32教室を開設していた。

2018年8月、米ニューヨーク証券取引所に上場するエドデック「精英教育集団( OneSmart International Education Group)」が巨人教育を完全買収している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録