中華料理に特化したデリバリーアプリ「Hungry Panda」、シリーズCで7000億ドルを調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中華料理に特化したデリバリーアプリ「Hungry Panda」、シリーズCで7000億ドルを調達

続きを読む

中華料理に特化したフードデリバリープラットフォーム「HungryPanda(熊猫外売)」が、シリーズCで7000万ドル(約77億円)を調達した。スウェーデンの投資会社 「Kinnevik」が主導し、「83North」や 「Felix Capital」など複数の欧米系投資機関が出資に参加。調達した資金は、北米やオーストラリア市場開拓の強化に充てられる。

HungryPandaは、英ロンドンの中国人留学生によって2016年に設立された。海外在住の中華系ユーザーをターゲットに、フードデリバリーサービスを提供する。現在、イギリスの他、アメリカ、カナダ、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなど9カ国で事業を展開している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録