短信

中国HONOR、マイクロソフトと提携強化 新作PCにWindows 11を搭載

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)から独立し、スマートフォンをはじめとしたデバイスを展開するブランド「HONOR(栄耀)」が9月16日、米マイクロソフトとの戦略的パートナーシップを強化すると発表した。

双方は、生活のあらゆるシーンをスマートテクノロジーと統合し、消費者体験を向上させるソリューションを共同で開発する。AI技術やエンドデバイスの開発など複数の分野で未来を見据えた技術・製品・サービスの構築に向けて緊密に協力し、HONORが掲げる「1+8+N」戦略を加速させていくという。

「1+8+N」戦略とは2019年にファーウェイが発表した事業戦略で、1はスマートフォン、8はパソコン、スマートスピーカー、スマートウォッチなど8つの製品群、Nはその他スマート製品を指す。スマートフォンを軸としたさまざまなIoT製品によるエコシステムを形成し、スマートライフの実現を目指すものである。

このほかHONORは、開催が近いスマートライフ関連製品の新作発表会において、世界で初めてマイクロソフトの新OS「Windows 11」を搭載したノートパソコン「MagicBook V14」をお披露目することも発表した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録