上海、デジタル人民元によるシェアサイクルを試験運用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

上海、デジタル人民元によるシェアサイクルを試験運用

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

生活関連O2Oサービス「美団(Meituan)」が、デジタル人民元によるシェアサイクルを実質無料で試験運用する。

このキャンペーンは、美団と中国農業銀行(ABC)、中国郵政儲蓄銀行(PSBC)、中国建設銀行(CCB)の共催で、北京、上海、深圳、海南、長沙、蘇州、西安、成都、雄安新区という、9か所のデジタル人民元実証実験エリアの住民向けに実施されるものだ。

なかでも上海では、9月9日から12月31日まで、「美団」アプリから「デジタル人民元」を検索してエントリーすると、「紅包(ラッキーマネー)」10元(約170円)分をデジタル人民元で受け取り、同社が運営するシェアサイクル「美団単車」利用時の支払いに充てることができる。そして次回の利用時にも、デジタル人民元による相応の低炭素奨励紅包が獲得でき、さらなる「低炭素移動」に用いることができる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録