luckin coffee創業者が設立の麺料理チェーン、わずか半年で評価額約170億円へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

luckin coffee創業者が設立の麺料理チェーン、わずか半年で評価額約170億円へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興コーヒーチェーン「luckin coffee(瑞幸咖啡)」の創業者チャールズ・ルー(陸正耀)氏が新たに設立した麺料理の店「趣小麺」が、現在資金調達を模索している。関係者によると、このラウンドでは、趣小麺は10億元(約170億円)の評価額で1億元(約16億9000万円)の調達を見込んでいるという。

今年4月、チャールズ・ルー氏にとってluckin coffeeに続く新たな創業プロジェクトである趣小麺の設立準備が開始された。当時、蘭州ラーメンや重慶小麺に代表される麺料理業界では資金調達ブームが到来しており、ルー氏は再び最前線に立つこととなった。

趣小麺はさまざまな麺料理のほか、作りたての煮込み料理、スイーツ、ドリンク、こだわりの冷菜など全部で8カテゴリーのメニューを提供し、今年8月8日から25店舗を展開・運営している。

luckin coffee創業者、麵料理で再起業。史上最速IPOの成功体験完コピ狙う

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録