中国のデジタルエコノミー規模が670兆円超え、GDPの約4割へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国のデジタルエコノミー規模が670兆円超え、GDPの約4割へ

続きを読む

【新華社杭州9月28日】2021年版の「世界インターネット発展報告」と「中国インターネット発展報告」青書が9月26日、2021年世界インターネット大会烏鎮サミットで発表された。「中国インターネット発展報告2021」によれば、中国の20年のデジタルエコノミーの規模は39兆2千億元(約672兆円)に達し、国内総生産(GDP)の38.6%を占め、9.7%の高度成長を維持し、経済成長を安定させる重要な原動力となった。

同報告は次のようなデータを明らかにしている。中国のデジタル産業化規模は7兆5千億元となり、新産業、新業態、新モデルの誕生を絶えず促し、世界のハイエンド産業チェーンへとまい進している。産業のデジタル化は持続的に加速し、その規模は31兆7千億元に達し、工業、農業、サービス業のデジタル化レベルは向上し続けている。

中国の20年の電子商取引(EC)額は37兆2100億元に達し、前年比4.5%増加した。ECサービス業の売上高は前年比21.9%増の5兆4500億元だった。同時にデジタルエコノミーの急速な発展は新しい市場主体の大幅な増加を促し、多くの雇用を創出し、雇用、民生、市場主体の保障での重要なチャンネルになっている。

報告はまた次のように指摘した。デジタルエコノミーは、世界各国が新型コロナウイルス感染拡大の衝撃に対応し、経済と社会の成長パターン転換を加速するための重要な選択肢になっている。世界各国は新型インフラの布石を加速しており、5G、AI、IoT、インダストリアル・インターネット、衛星インターネットに代表される新型情報インフラが世界経済の成長をけん引する新しい原動力になりつつある。

青書は中国網絡空間研究院が主導して編集し、1年来の中国と世界のインターネットの発展状況を系統的、全面的に反映したもので、国内外の情報インフラの建設、情報技術(IT)の発展、デジタルエコノミーの発展、サイバースペースの国際的管理や交流・協力などの重点分野に及んでいる。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録