短信

中国車載電池大手CATL、アフリカのリチウム鉱山プロジェクトに出資

続きを読む

電気自動車(EV)用電池メーカー「CATL(寧徳時代)」は、同社が出資する投資会社「天華時代(CATH Energy Technologies)」を通じ、豪鉱山開発会社「AVZ Minerals(AVZミネラルズ)」が保有するコンゴ民主共和国のリチウム鉱山(マノノ鉱山)開発プロジェクトの権益24%を取得する。取得額は2億4000万ドル(約260億円)。マノノ鉱山は、これまでに発見された硬岩型リチウム鉱床としては世界最大・最高級のポテンシャルを持つといわれる。

AVZ Mineralsによると、CATLは開発コストを検証した上で、最終的に同プロジェクトに4億ドル(約440億円)以上を拠出するという。さらに、水酸化リチウム施設の実現可能性を検討するため、両社は協力関係を継続する可能性がある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録