アリババ達摩院、レベル4自動運転のトラックを開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ達摩院、レベル4自動運転のトラックを開発

続きを読む

アリババグループの基礎科学・イノベーション技術研究機関「アリババ達摩院(Alibaba DAMO Academy)」はレベル4の自動運転トラック「大蛮驢」の研究開発に取り組んでおり、現在同グループ傘下の物流サービス「菜鳥網絡(Cainiao Network)」(以下、菜鳥)と協力し公道での小規模なテスト走行が開始されたと、アリババグループ副総裁で達摩院の自動運転ラボで責任者を務める王剛氏が発表した。3年後には多くの公道で無人トラックの姿を見ることができるだろうと、達摩院は予測している。

達摩院は2020年9月、「ラストワンマイル」配送、デリバリー、生鮮品や各種即時配送のニーズに対応する自律型配送ロボット「小蛮驢 (XiaoManLu)」を発表した。現在、小蛮驢は大規模に実用化されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録