中国CATL、米EV「ELMS」と提携 25年までの電池供給を確保

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国CATL、米EV「ELMS」と提携 25年までの電池供給を確保

続きを読む

10月14日、ナスダックに上場する、米EVメーカー「Electric Last Mile Solutions(ELMS)」が、中国のEV用バッテリーメーカー「CATL(寧徳時代)」と、バッテリー供給に関する契約を締結したと発表した。ELMSの電動商用車のバッテリーを全てCATLから納入し、生産能力を確保する。同契約により、ELMSは2025年までのバッテリー供給を確保したという。

公式情報によると、CATLは42kWhのリン酸鉄リチウムイオン(LFP)バッテリーをELMSに供給する。このバッテリーは、同社のCTP(Cell-to-Pack、モジュールのないバッテリーパック)技術を用いたものだ。

このほか、両社は米国におけるバッテリー生産の現地化についても協力したいとしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録