貝因美傘下の「媽媽購」が初の資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

貝因美傘下の「媽媽購」が初の資金調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

貝因美(Beingmate)グループ傘下でマタニティ・ベビー用品ECプラットフォームの媽媽購(Motherbuy)が初となる資金調達を行った。関係者によると、投資前の評価額は12億元(約195億円)だったという。出資額と出資者は明らかにされていない。公開された資料によると、媽媽購は2015年に貝因美グループが全額出資して発足させたECプロジェクトで、マタニティ・ベビー市場にフォーカスし、食品、美容、インテリア等の商品を提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録